検索 映画ポップコーンについて
登録/ログイン

「CGで増した映像美 / 感動のラスト」 スター・ウォーズ ジェダイの復讐 特別篇 Naokiさんの映画レビュー

スター・ウォーズ ジェダイの復讐 特別篇 Return of the Jedi: Special Edition

CGで増した映像美 / 感動のラスト

このレビューにはネタバレが含まれています

2021年8月9日 23時37分 役立ち度:0人
総合評価: 5.0
Ep.4,5の特別篇と同様、CGで映像美が増し、追加、変更されている風景や人物があります。


ストーリーに関しては、ルークが主演のEp.4からEp.6の中で、私は本作のラストが一番感動します。

その感動のラストも含め、ストーリーに関して、私が好きなポイントが3つあります。


1つ目は序盤、ルークが強く、たくましくなって登場するということ。

修行を終えたルークは、晴れてジェダイに。

登場シーンから、その堂々とした振る舞いは、前作までとはまるで別人。

ある種の爽快感さえ感じさせます。


好きなポイントの2つ目は、ルークが、実の父ベイダーが暗黒面から立ち返るはずだと信じ、敵地に乗り込み、会いに行くシーンです。

一心に父を信じるルークの言動に、心を打たれます。

また、ルークに暗黒面から抜けることを、説得されても断るベイダーですが、
ルークに、

「父は本当に死んだ訳だ」

というセリフをはかれ、明らかに動揺し考え込んでいる(私にはそう見えます)ベイダーの様子も、感慨深いものがあります。



好きなポイントの3つ目は、ラストにベイダーがルークを助け、皇帝を倒すシーンです。


ルークは皇帝の挑発を受け、怒りと憎しみのままにベイダーに剣を振るいます。

そして最終的にベイダーの手を切り落とし、ベイダーに勝利します。

そこで皇帝はルークに、ベイダーにトドメをさすように言います。

ルークは我にかえります。

皇帝は、ルークを新しい弟子として迎えたがっており、皇帝の口車に乗せられ、怒りに身を任せた先には、暗黒面しか待っていないことを悟ります。

また、切り落としたベイダーの手から見えるのは、機械の配線でした。

ベイダーは暗黒面の力に引き釣り込まれ、今の姿になってしまったという事実にルークは再度気が付き、それに虚しさを感じたのでしょう(私はそう解釈しています)。


ルークはそれらを目の当たりにした時、怒りに任せて戦うことを無意味に感じ、もう今後は皇帝の思惑通りにはならないことの示しとして、ライトセーバーを捨て、戦いを放棄します。

そして、皇帝に

「お前の負けだ」

と、降伏をするように促すのですが、それに対して皇帝は、自分の思惑通りにならなかった
ルークを葬り去ろうとします。

皇帝の手から、激しいフォース・ライトニングが放たれ、ルークを襲います。

ルークは、成すすべなくそれを受け、苦しみます。

そして、父であるベイダーに助けを求めます。

ベイダーは、一瞬迷い、ルークと皇帝の両者をそれぞれに見ます。

しかし、迷いは一瞬のことでした。

次の瞬間、ベイダーは自身に残されたフォースの力を振り絞り、皇帝の体を持ち上げ、原子炉の、奈落の底へと葬り去りました。

べイダーが暗黒面から立ち返った、感動の瞬間です。


皇帝の敗因は、そもそもベイダーは執着と呼べるほどの家族愛の持ち主であり、その強すぎる家族愛が原因で、暗黒面に落ちてしまったということを皇帝は忘れていた、もしくはベイダーの自身への忠誠心に、高をくくっていたのでしょう。

そしてこれは、Ep.1~3までを観た方ならお分かりかと思いますが、
ベイダー(アナキン)は予言通り、シスを倒し、フォースにバランスをもたらせたことになります。


ルークの父を信じる気持ちと、ベイダーの家族愛が暗黒面に打ち勝った、感動のラストには涙をせずにはいられません。
詳細評価
  • 物語
  • 配役
  • 映像
  • 演出
  • 音楽
イメージワード
  • ・楽しい
  • ・泣ける
  • ・勇敢
  • ・切ない
  • ・かっこいい
  • ・ファンタジー
  • ・スペクタクル
このレビューは役に立ちましたか? 役に立った

オススメ情報

↓↓みんなが読んでいる人気記事↓↓

【2021年】動画配信サービスおすすめランキングに注意!人気を無料や利用者数、売上で比較!徹底版

→【すぐわかる】動画配信サービスおすすめランキング【忙しいあなたへ】人気を無料や利用者数、売上で比較!簡易版

映画のレビューを書くと、あなたの好みの映画が見つかります!

似ている作品