検索 映画ポップコーンについて
登録/ログイン

ダンケルクの豆知識・失敗談

豆知識・失敗談を投稿する

豆知識・トリビア

  • 豆知識・トリビア
    ケネス・ブラナーによれば、30人余りのの90代半ばのダンケルク生存者がイギリスのロンドンでのプレミアに出席しました。 彼らは、映画について尋ねられた時、事実を忠実に表現していると感じたけれど、実際の爆撃よりも映画の方が激しかったと答えました。作家、プロデューサー、クリストファー・ノーラン監督を大いに笑わせてくれました。
  • 豆知識・トリビア
    はじめにダンケルク撤退について作家やプロデューサー、クリストファー・ノーラン監督がいかに兵士が若く未熟であったかを知った後、彼は浜辺での舞台設定に若く、あまり知られていない俳優たちをキャスティングしました。
  • 豆知識・トリビア
    作家、プロデューサー、クリストファー・ノーラン監督は、彼の妻、プロデューサーのエマ・トーマスや友人と一緒に、市民が実際の撤退のときに通ったルートで船に乗ってイギリスからダンケルクへと渡りました。ノーランは、海の状態のせいで19時間もかかったと言及していました。
  • 豆知識・トリビア
    3つの観点:幼児期(フィン・ホワイトヘッド、ハリー・スタイルズを含む)の浜辺、海軍による撤退(キリアン・マーフィーとマーク・ライアンスによる、どのように市民が助けにきたのかを見せる)、そして空中(飛行機戦隊に従事しているトム・ハーディ)についての話です。物語の構造についてプレミア・マガジンでクリストファー・ノーランはこう言及しました。「争いに乗り出した兵士たちのために、別々に時間を切り取って出来事を描写しました。陸地では数人の兵士が浜辺に1週間取り残されていました。海では最大1日中争いが続きました。もしあなたがダンケルクまで飛行機で飛ぶことになったら、ブリティッシュ・スピットファイアは1時間分の燃料を積み込みます。これらの別々のバージョンの歴史を混ぜ合わせるために、それぞれの層を一時的に混ぜ合わせなければなりませんでした。たとえストーリーはとてもシンプルであっても、構造は複雑でした。これはスタジオではできません。私の最も実験的な映画であったと言えるでしょう。」
  • 豆知識・トリビア
    ダンケルクの戦いの重要性に関して、クリストファー・ノーランは彼の意見を述べました。「これは第二次世界大戦の歴史において重要な瞬間です。 この撤兵が成功しなかった場合、イギリスは降伏する義務があったでしょう、そして全世界が失われたか、別の運命をたどったでしょう。ドイツ人は間違いなくヨーロッパを征服し、アメリカは戦争をしなかったでしょう。それは戦争の決裂と世界の歴史の真実です。決定的な瞬間です。撤兵の成功により、(ウィンストン・チャーチル卿は)
    道徳的勝利という考えを押し付けることができ、
    この一連の方法は降伏というものであったとはいえ、民間人のように兵力を奮い立たせ、
    抵抗の精神を押し付けることができたのです。軍事的には、それは敗北ですが人類にとってそれは巨大な勝利であります。



失敗談・うっかりミス

  • 失敗談・うっかりミス
    ドイツ空軍は1940年の後半まで戦闘機のノーズ・コーンに黄色の塗装をしませんでした。しかし、クリストファー・ノーラン監督は視聴者がドイツの航空機を識別しやすくするために意図的にこれを行ったことを認めています。
  • 失敗談・うっかりミス
    MK1スピットファイアは合計85英ガロンの燃料容量があります。燃料は上下二つのタンクに入っています。下のタンクに上のタンクから空になるまで補充していきます。パイロットがチェックしている燃料ゲージは、容量37ガロンの下のタンクのものです。したがって、パイロットが50ガロンの燃料が残っていることを確認することは不可能です。
  • 失敗談・うっかりミス
    最後のシーンに出てくる鉄道車両は1950年代のものであるにもかかわらず、シートパターンは1980年代のものになっています。
  • 失敗談・うっかりミス
    ダンケルクにある民間の建物はどれも被害を受けていません。地上戦と空爆の間で、避難が始まる前に町の大半はすでに壊滅状態でした。戦時中の被害がほぼ消滅した後、ダンケルクという実際の都市でロケを行うことは、映画製作者が第二次世界大戦で荒廃した都市の状態に戻すことができなかったのは必然的でした。
  • 失敗談・うっかりミス
    不時着の前には、パイロットは衝撃力でキャノピーが詰まってしまうのを防ぐためにキャノピーを開くように訓練されているはずです(ちなみに、空母から離陸するパイロットは、離陸後すぐに不時着になることを想定して、キャノピーを開いたままにしている場合も多いです)。映画ではこのようなことは起こらないばかりか、あるケースでは、パイロットはキャノピーを開き、タッチダウンする前に不可解なことにキャノピーを閉じてしまいます(実際には1~2インチ開いたままになっています)。予想通り、2つ目のケースではキャノピーが詰まってしまい、パイロットが溺れそうになります。さらに、この2番目のケースでは、パイロットは開口部から手を振っています。しかし、彼の前腕を押し込めるほどの開口部はなかったでしょう。
  • 失敗談・うっかりミス
    空中戦のシーンでは、イギリス人パイロットは敵機の進行方向に関係なく、常に敵機が銃眼の中心にあるときに発砲しています。現実的には、弾丸が移動する時間を考慮して、敵機の前方を狙う「リード」が必要となるはずです。

オススメ情報

↓↓みんなが読んでいる人気記事↓↓

【2021年】動画配信サービスおすすめランキングに注意!人気を無料や利用者数、売上で比較!徹底版

→【すぐわかる】動画配信サービスおすすめランキング【忙しいあなたへ】人気を無料や利用者数、売上で比較!簡易版

映画のレビューを書くと、あなたの好みの映画が見つかります!