検索 映画ポップコーンについて
登録/ログイン

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッドの豆知識・失敗談

豆知識・失敗談を投稿する

豆知識・トリビア

  • 豆知識・トリビア
    クエンティン・タランティーノはレオナルド・ディカプリオとブラッド・ピットを「ロバート・レッドフォードとポール・ニューマン以来の最もエキサイティングなスターコンビだ」と称賛しました。
  • 豆知識・トリビア
    クエンティン・タランティーノ映画としてはとても珍しく、特にリック・ダルトンが「ランサー」でセリフを忘れ、その後トレーラーの中で自分に対して激しく怒鳴り散らすシーンなどいくつかのシーンにアドリブが採用されています。ダルトンは能力の低い俳優であるという設定のため、 レオナルド・ディカプリオは、同じ俳優である自分自身とは異なるダルトンという俳優を演じることがとても難しかったと言います。彼は、ダルトンになりきるために、ダルトンは途中で台詞を忘れてしまうという設定にしたらどうかと提案しました。 先ほどのトレーラーのシーンの次のシーンも台本化されていません。
  • 豆知識・トリビア
    レオナルド・ディカプリオとブラッド・ピットはこの映画を制作している間中息ぴったりだったので、カンヌのプレミア上映で、別の映画でもまた共演したいと思っていることを確認し合いました。
  • 豆知識・トリビア
    テイトは友人たちと夕食をとるためにエル・コヨーテレストランに入ります。そこでシャロン・テイトとジェイ・シブリングがちょっと下ったところにあるビバリー通りのポルノ劇場で行われているの映画のプレミアの話をします。 「ポルノ映画のプレミアをやるんだよね?」 シャロンが尋ねます。会話に登場する劇場はその当時、本当にポルノ劇場でした。 この建物は今もありますが、現在はニュービバリーと呼ばれるレパートリー劇場になっており、クエンティン・タランティーノが所有しています。
  • 豆知識・トリビア
    シャロン・テートを演じたマーゴット・ロビーは、シャロンの妹デブラ・テ-トから提供されたシャロン本人のものである宝石をいくつか身につけている。
  • 豆知識・トリビア
    この映画に出てくるキャデラックは、マイケル・マドセンの私物で、 レザボア・ドッグス(1992年)にも登場しマドセン自身が運転している。
  • 豆知識・トリビア
    この映画は、レオナルドディカプリオが初めてのアカデミー賞「レヴェナント:蘇りし者」(2015年)を受賞してから4年ぶりの作品である。
  • 豆知識・トリビア
    シャロンが彼女の映画「サイレンサー/破壊部隊」(1968年)を見に行ったシーンでは、映画製作者達はロビーでシーンを再現するのではなく実際の映画を使用することを選んだ。本当のシャロン・テートが少しスクリーンに現れる。
  • 豆知識・トリビア
    プロデューサーはハリウッド・ブールバード内を1980年代の外観に整備することを説得する事に苦労しました。しかし、説得したほとんどの人がハリウッド・ブルーバードでの撮影が終わった後の外観を好んだため、そのままのセットを残せないかと言いました。
  • 豆知識・トリビア
    クエンティン・タランティーノ監督はレオナルド・ディカプリオとブラッド・ピットを同時に出演させる事ができたことから、彼自身をハリウッド映画の歴史上最もラッキーな監督の一人であったと考えています。
  • 豆知識・トリビア
    シャロン・テートの妹デブラ・テートは初め、映画制作を疑問視していましたが、彼女はマーゴット・ロビーによる描写に恩恵を示し、クエンティン・タランティーノ監督を受け入れ、シャロンがどのように演じられるかを知らされました。デブラは、顔合わせ前に下調べを専念にしてきたマーゴットについて、「ひたむきな職人である」とと称賛しました。
  • 豆知識・トリビア
    ブラッド・ピットは、アドリブで「お前はリック・ダルトンだ。そのことを忘れるな。」というセリフを言いました。ピットは、彼がまだ19歳になりたての新人俳優だった頃、同じことをある俳優に言われたことをもとにセリフを作ったそうです。
  • 豆知識・トリビア
    リックが主演したイタリア映画の一つは、アントニオ・マルゲリーティ監督によるものでした。「イングロリアス・バスターズ」(2009)にて、「アントニオ・マルゲリーティ」という名前は、はドニー・ドノヴィッツが「国家の誇り」のプレミア上映会に潜り込むのに使われた偽名でした。
  • 豆知識・トリビア
    バート・レイノルズは元々牧場のオーナーである、ジョージ・スパーン役としてキャストされていましたが、彼のシーンを撮影する予定の前に彼は亡くなってしまいました。ブルース・ダーンが彼の代わりに役を演じました。リックとクリフがFBIオール・ザ・ストリーツ・アー・サイレント(1965)を観ていたとき、実際のテレビエピソードでリック・ダルトン役を演じていたのがバート・レイノルズでした。
  • 豆知識・トリビア
    前例のない映画制作の中で、LAのハリウッドフリーウェイ(US-101)のあたりの区画は午後12時から14時の間完全に封鎖され、時代遅れの車が多数登場するシーンが撮影されました。この一連のシーンには、視覚効果技術であるVFXは使用されませんでした。
  • 豆知識・トリビア
    クエンティン・タランティーノ監督は5年に渡り脚本を制作しました。
  • 豆知識・トリビア
    ルーク・ペリーの最後の作品です。ペリーは2019年2月の終わりに重い脳卒中を患い、3月4日に亡くなりました。彼が演じているスコット・ランサーは、俳優ウェイン・マウンダー、そしてマウンダーが「対決ランサー牧場」(1968年)で演じた役柄へのオマージュです。マウンダーは2018年11月11日に逝去しました。この映画の撮影が終了した10日後のことでした。
  • 豆知識・トリビア
    クエンティッド・タランティーノは、この物語はいくつもの同時進行の物語からできており、彼の前作、パルプフィクション(1994)に最も近いと言及しています。
  • 豆知識・トリビア
    カンヌ国際映画祭のワールドプレミア試写会の前、クウェンティン・タランティーノはカンヌの観衆に対して、ソーシャルメディアでのネタバレを避けてほしいとお願いしました。「私は映画を愛している。あなたもだ。初めて聞く物語を発見する旅のようなものだからね。ここカンヌで観客のみんなに『ワンス・ア・ポン・タイム イン ハリウッド』を共有できてワクワクしてるよ。キャストとチームスタッフは、独創的なものを創るのにとてもがんばった。それから私は皆さんにひとつだけお願いしたい。あとでこの映画を観る人たちが同じように楽しめるように、ネタバレだけは避けてくれるとありがたい。」
  • 豆知識・トリビア
    クエンティン・タランティーノは、ワインスタイン・カンパニーで映画を製作する予定でしたが、共同監督のハーヴェイ・ワインスタインに対する性的暴行疑惑が報道で明らかになったことを受けて、それを断念しました。「ヘイトフル・エイト」(2015)で被害を被りそうになった脚本流出事件の再発を避けるため、タランティーノは全劇場のスタジオにメモを書き、ビバリーヒルズにある彼のエージェント(ウィリアム・モリス・エンデバー)のオフィスに代表者を1人派遣し、日時を決めてマンソンの脚本を直接読んでもらうように呼びかけました。また、このメモには、各代表者に重い秘密保持契約書に署名し、直接台本を読み(台本をコピーしたり持ち帰ったりすることは許されない)、スタジオの経営陣に要求と条件のリストを提示することが義務づけられていました。このプロジェクトは、当時すでにボード上で最も期待されていた有望なプロジェクトの一つでした。脚本を読んだ後、ワーナー・ブラザース、ユニバーサル・ピクチャーズ、ソニー・ピクチャーズ、パラマウント・ピクチャーズ、アンナプルナ・ピクチャーズ、ライオンズゲートは、タランティーノ自身に第二次入札が行われる前に、劇場版の権利を入札することを歓迎されました。ソニーがこの入札合戦で、最も近いライバルであるワーナー・ブラザースを出し抜いて劇場版権を獲得したため、この作品はデビッド・ヘイマンの作品のうちワーナーから配給されなかった最初のものとなりました。
  • 豆知識・トリビア
    クウェンティン・タランティーノは、ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッドの脚本を”おそらく彼の一番個人的なものだ”とみなしました。
  • 豆知識・トリビア
    プレイボーイマンションのパーティー順序は、実際にそこで撮影され、何度もタランティーノはヒューヘフナーのゲストの一人でした。
  • 豆知識・トリビア
    この作品のタイトルは、『西部の昔々』 (1968年) と『アメリカの昔々』 (1984年) の監督を務めたセルジオ・レオーネへの敬意を表しています。クエンティン・タランティーノ監督は、レオネをお気に入りの映画製作者の1人として挙げ、彼の生涯を通じて影響力を発揮してきました。
  • 豆知識・トリビア
    カンヌのプレミアでは、7分間のスタンディングオベーションを受けました。
  • 豆知識・トリビア
    クエンティン・タランティーノはロマン・ポランスキーには近寄らなかったと、カンヌの記者会見で明らかにしました。しかしタランティーノはシャロン・テートの妹デブラ・テータに助力を求めました。彼女は作品制作に関わった人のリストにおいて謝意が示されています。彼はまた、デブラに初期に読んでもらうよう脚本を渡し、サンタ・バーバラにいる彼女を訪れ週末は共に過ごしました。彼女はウェストウッドシアターでのブルーインのシーンの撮影にもやってきました。
  • 豆知識・トリビア
    この映画は、デイモンヘリマンがチャールズマンソンを演じる2019年の2つのプロジェクトの1つで、もう1つはNetflixのマインドハンター(2017)のシーズン2です。
  • 豆知識・トリビア
    レオナルド・ディカプリオは、アクションスターを演じるため、パスタとデザートをやめ、1日に何百回も腕立て伏せをして、厳しいトレーニングを行いました。
  • 豆知識・トリビア
    あるワンシーンで、ダルトン宅のアパートに、額装されたダルトン自身の絵(マッドマガジン1965年10月号の表紙の絵として)が見えます。そのマッドマガジンの2019年10月号は、「タランティーノ監督による特別タイムワープ号」として本映画の宣伝も兼ねたものでした。内容はというと、最初の12ページが白黒で、さらに「賞金稼ぎの掟」のパロディも含む1960年代スタイルというものです。なお、その表紙を飾っているのはリック・ダルトンの絵ですが、映画に見える表紙の絵とは異なります。
  • 豆知識・トリビア
    カンヌ映画祭でのワールドプレミア上映では、55歳のブラッド・ピットがシャツを脱いでスタントマンのような筋肉質な体格を披露するシーンで、BBCやIndiewireが報じたように、観客は息をのみ、自然と拍手が起こりました。
  • 豆知識・トリビア
    クエンティン・タランティーノ監督にとって、女優シャロン・テートは映画の中でずっと天使のような存在です。監督はテートを、この地球に降り立った天使の生まれ変わりとさえ考えていて、そのことは、「テートは映画の中だけでなく、私はもちろんのこと、みんなの心の中にも生き続けています、永遠に……」という発言からも明らかです。

失敗談・うっかりミス

  • 失敗談・うっかりミス
    シャロン・テイトがウェストウッドの映画館の切符売り場で女性と話しているシーンで、隠される前にシーンの半分にスターバックスの看板が見える。スターバックスは1971年に設立された。
  • 失敗談・うっかりミス
    クリフが高速道路で家に帰ると、出口車線に入る直前に、はっきりと見える番号の付いた出口標識があります。 カリフォルニアは国の最後の抵抗の1つであり、2002年まで番号付きの出口車線を使用しませんでした。 映画は1969年の設定です。
  • 失敗談・うっかりミス
    映画の中で、シャロン・テイトとローマン・ポランスキーは、プレイボーイマンションでのパーティーに参加します。1969年にプレイボーイクラブはロスにあったものの、ヒュー・ヘフナーがプレイボーイマンションを買ったのは1971年だったため、テイトがパーティーにいることは設定として難しいものがありました。
  • 失敗談・うっかりミス
    1969年、特に公共の場では、あまりにも多くの悪口が飛び交っていました。 Musso&Frank'sで「ファック」と叫ぶ人は、彼らがどれほど重要で有名であっても、それを訂正するか去るように丁寧に求められたでしょう。
  • 失敗談・うっかりミス
    クリフがキャディーを運転し、彼がプシーキャットを3回目に見て拾う直前のシーンでは、運転しているにもかかわらず車のスピードメーターがゼロとはっきりと見えるので、明らかにプロセスショットだとわかります。
  • 失敗談・うっかりミス
    パンアメリカン航空はテート殺害事件の5か月以上後、
    1970年1月までボーイング747を導入しませんでした。
  • 失敗談・うっかりミス
    攻撃シーンに登場する犬は終始メスでしたが、リック夫人の寝室のドアに飛び乗った時の犬は、はっきりオスだと分かります。
  • 失敗談・うっかりミス
    クリフはLSDに浸したと言われるタバコを渡されますが、LSDに浸したものを吸っても、火をつけるとLSDが破壊されてしまうので効果はありません。LSDは吸うことができず、食べたり、液体のLSDを口に入れたり、非常に強力なLSDを皮膚から吸収したりすることで初めて効果を発揮します。PCPや防腐剤は、浸して乾燥させた後に吸うと効果がある薬物です。PCPや防腐剤にタバコを浸して、それを路上で売る人がいます。LSDを浸したタバコは、一銭(この場合は50セント)を稼ごうとするヒッピーたちが(白昼堂々と)路上で売っていました。彼らは実際に効果があるかどうかは気にも留めていません。タバコには何を浸しておくこともでき、LSDを使って新しいハイになる方法だと言うのは、販売のためのトリックにすぎませんでした。彼らはただお金が欲しかったのです。確かにLSDに浸したタバコには何の効果もありませんが、このタバコはクリフを酔わせているように見えます。しかし、タバコにはPCPなど吸っても大丈夫な物質が含まれていた可能性があり、ヒッピーガールはそれを当時流行していたLSDと呼んでいただけだったのです。
  • 失敗談・うっかりミス
    シャロンとジェイがレコードを聴いているとき、ターンテーブルに置かれているフォノカートリッジ/スティルスはオーディオテクニカのAT3600ですが、このカートリッジが製造されたのは1980年代に入ってからです。
  • 失敗談・うっかりミス
    シュワルツとの昼食中、ダルトンの飲み物は、ミックスドリンク、水、ワインと変化しています。
  • 失敗談・うっかりミス
    映画の舞台は1969年で、ハリウッド・ブルバードにあるプッシーキャットシアターが映っていますが、プッシーキャットシアターがその場所にオープンしたのは1974年後半です。1969年には「ニュービュー・シアター」と呼ばれていました。
  • 失敗談・うっかりミス
    クエンティン・タランティーノは、自分の映画に意図的な連続性のミスを加えることで知られている。この作品にもいくつかの例があるが、最も明白なのは、ジェームズ・ステイシーがでリックと話をするために、撮影現場にやってくる場面である。当初、彼は帽子はしておらず、カウボーイハットが背中に垂れ下がっている。突然、編集が飛んで、ハットが彼の頭にある。
  • 失敗談・うっかりミス
    1969年2月、マーヴィン・シュワルツはリック・ダルトンに、『The Man from U.N.C.L.E.』、『The Girl from U.N.C.L.E.』、『バットマン』で今週の悪役を演じることになるかもしれないと通告する。これらのテレビシリーズはすべて、この映画での出来事の前にすでに打ち切られていた。『The Man from U.N.C.L.E.』と『バットマン』は1968年に放送を終了し、『The Girl from U.N.C.L.E.』は1967年に打ち切られている。
  • 失敗談・うっかりミス
    スパーン牧場で、クリフのパンクしたタイヤは黒いスペアタイヤに交換されたように見えるが、クリフがタイヤを外して車の前まで転がすと、ホイールの裏側が見える。ホワイトウォールタイヤはタイヤの片側にしか白い帯がないので、裏側は常に黒である。
  • 失敗談・うっかりミス
    『トラ・トラ・トラ!』のポスターがスタジオの背景に見える。実際、撮影は1968年12月に始まっており、現在製作中の映画のポスターがスタジオの敷地内によく見られる。

オススメ情報

↓↓みんなが読んでいる人気記事↓↓

【2024年】動画配信サービスおすすめランキングに注意!人気を無料や利用者数、売上で比較!徹底版

→【すぐわかる】動画配信サービスおすすめランキング【忙しいあなたへ】人気を無料や利用者数、売上で比較!簡易版

映画のレビューを書くと、あなたの好みの映画が見つかります!