検索 映画ポップコーンについて
登録/ログイン

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジの豆知識・失敗談

豆知識・失敗談を投稿する

豆知識・トリビア

  • 豆知識・トリビア
    ブロックがチェン夫人の店に入ると、ヴェノムが雑誌の束を並べてくれます。その雑誌の表紙には、マーベル作家のスタン・リーが描かれています。
  • 豆知識・トリビア
    トム・ハーディは本作で初めて脚本クレジットを獲得しました。自身も出演したコミックスーパーヒーロー映画で脚本クレジットを獲得したのは、クリストファー・リーブ(『スーパーマンIV 』(1987年))、ポール・ラッド(『アントマン』(2015年))、エドワード・ノートン(『インクレディブル・ハルク』)とライアン・レイノルズ(『デッドプール2』(2018年))に次いで5人目となります。
  • 豆知識・トリビア
    アンディ・サーキスは、トラヴィス・ナイト、ルパート・サンダース、ルパート・ワイアットを差し置いて、続編の新監督として発表されました。
  • 豆知識・トリビア
    アンディ・サーキスは、カーネイジの力と性質に合わせて、「常軌を逸した奇妙な」動作をさせたいと考えました。「カーネイジの遊び心、ウィット、奇妙さは、彼を特定することはできません。カーネイジと戦うことは、基本的にはタコと戦うようなものです」。サーキス氏と彼のチームは、パフォーマンスキャプチャーのステージで、ダンサーや俳優たちと一緒にカーネイジの動きをテストし、作り上げていきました。
  • 豆知識・トリビア
    アンディ・サーキスは、エディ・ブロックとヴェノムの関係に影響を与えた作品として『おかしな二人』を挙げています。「彼らはお互いにどうすればいいのかを考えています。エディは躁鬱病の幼児のようなヴェノムに苦労しているし、ヴェノムはエディの体に閉じ込められていると感じているのです。」
  • 豆知識・トリビア
    本作は90分(1時間30分)と、近年公開されたスーパーヒーロー映画の中では、2007年に公開された『ファンタスティック・フォー銀河の危機』の91分以来の短さです。
  • 豆知識・トリビア
    この映画のキャストには、4人のオスカーノミネート俳優が含まれています。トム・ハーディ、ウディ・ハレルソン、ナオミ・ハリス、ミシェル・ウィリアムズです。
  • 豆知識・トリビア
    ソニーは、『ゾンビランド:ダブルタップ』(2019年)への参加のため、ルーベン・フライシャー監督の後任を選びました。
  • 豆知識・トリビア
    ソニーのスパイダーマン・ユニバース(SSU)の2作目です。
  • 豆知識・トリビア
    『ローガン』(2017年)、『ファンタスティック・フォー』(2015年)、『ウルヴァリン』(2013年)に続き、マルコ・ベルトラミが音楽を担当したマーベル映画第4弾となります。
  • 豆知識・トリビア
    アンディ・サーキスの作品としては初めて、ナイティン・サフニーが音楽を担当していません。
  • 豆知識・トリビア
    本作は、Cooke /i Scope(アナモルフィック)2.39:1で撮影された前作とは異なり、ヴェノム映画としては初めて1.85:1のアスペクト比で撮影されています。
  • 豆知識・トリビア
    本作は当初、2020年10月2日に北米で公開される予定でした。しかし、2019年からのコロナウイルスによるパンデミックの影響で、本作の公開日は2021年6月25日に延期されました。本作は、ソニーとマーベルの両方が制作したマーベル作品のうち、パンデミックの影響で公開日がずれた作品のひとつです。また、2020年7月に公開を予定していた『モービウス』が2021年3月19日に、『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』が2021年7月16日から2021年12月17日に、それぞれ北米での公開日にも影響がありました。
  • 豆知識・トリビア
    マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)には含まれません。
  • 豆知識・トリビア
    本作は、トム・ハーディが初めて手がけた映画の続編になります。
  • 豆知識・トリビア
    初めて10月に公開されたオリジナル作品と同様に、マーベル作品としては初めて9月に公開されました。
  • 豆知識・トリビア
    トム・ハーディとスティーブン・グラハムは共にマフィアのアル・カポネを演じています。ハーディは映画『カポネ』(2020年)、グラハムは映画『ボードウォーク・エンパイア欲望の街』(2010年)に出演しています。どちらもイギリス人俳優で、アメリカ人以外でカポネを演じた唯一の俳優です。

ネタバレ有り

下記の内容にはネタバレが含まれます

豆知識・トリビア

  • 豆知識・トリビア
    『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』(2019年)でピーター・パーカー(トム・ホランド)をスパイダーマンとして確定させ、ミステリオ/クエンティン・ベック(ジェイク・ギレンホール)の死の濡れ衣を着せたJ・ジョナ・ジェイムソン(J.K.シモンズ)によるデイリー・ビューグルの放送をヴェノムとエディが見るポストクレジット・シーンに見られるように、SSMU(ソニーのスパイダーマン・ユニバース)作品としては初めてMCUの出来事を認めています。

オススメ情報

↓↓みんなが読んでいる人気記事↓↓

【2021年】動画配信サービスおすすめランキングに注意!人気を無料や利用者数、売上で比較!徹底版

→【すぐわかる】動画配信サービスおすすめランキング【忙しいあなたへ】人気を無料や利用者数、売上で比較!簡易版

映画のレビューを書くと、あなたの好みの映画が見つかります!