検索 映画ポップコーンについて
登録/ログイン

モーリタニアン 黒塗りの記録の豆知識・失敗談

豆知識・失敗談を投稿する

豆知識・トリビア

  • 豆知識・トリビア
    ナンシー・ホランダー(ジョディ・フォスター)は、テリ・ダンカン(シェイリーン・ウッドリー)をフランス語の翻訳者として採用しますがフォスターは、実はフランス語がとても上手です。彼女は卒業式の演説をフランス語で行い、フランス語の映画(『ロング・エンゲージメント』(2004年))にも出演しています
  • 豆知識・トリビア
    モーリタニア人を演じていますが、タヒール・ラヒムはアルジェリア系です。
  • 豆知識・トリビア
    映画のタイトルにもなっているモハメド・ウルド・スラヒは、グアンタナモでの自分の扱いはこの映画で描かれているよりもずっと残酷で非人道的だったと述べています。
  • 豆知識・トリビア
    主役のフランス人俳優タハール・ラヒムは、拘束されたテロリストの容疑者モハメド・ウルド・スラヒを演じていますが、『倒壊する巨塔‐アルカイダと9.11への道』(2018年)では、9.11テロの脅威の調査を担当した実在のFBI捜査官アリ・ソウファンを皮肉たっぷりに演じていました。
  • 豆知識・トリビア
    公民権弁護士のナンシー・ホランダー(ジョディ・フォスター)は、この映画のために初めて「グアンタナモ」のセットに入ったとき、息をのんだとインタビューで語っています。また、ホランダーは、インタビューの質問の正確さを追求するために、制作チームから何度も電話をかけました。
  • 豆知識・トリビア
    刑務所の廊下で、ベネディクト・カンバーバッチは本棚から小説家のジョン・グリシャムが書いた『テスタメント』という本を手に取ります。
  • 豆知識・トリビア
    ホランダーはサラヒに、ドナルド・ラムズフェルド国防長官を訴えることになると告げます。ジョディ・フォスターは、『羊たちの沈黙』(1991年)で、『ブッシュ』(2008年)でもラムズフェルドを演じたスコット・グレンと出演しています。
  • 豆知識・トリビア
    タハール・ラヒム&ドゥニ・メノーシェは以前、『マグダラのマリア』(2018年)で共演しています。

ネタバレ有り

下記の内容にはネタバレが含まれます

豆知識・トリビア

  • 豆知識・トリビア
    この映画は、アルカイダとの密接な関係から、グアンタナモ湾に14年間も無罪で拘束されたモハメド・ウルド・サラヒの実話に基づいています。

オススメ情報

↓↓みんなが読んでいる人気記事↓↓

【2022年】動画配信サービスおすすめランキングに注意!人気を無料や利用者数、売上で比較!徹底版

→【すぐわかる】動画配信サービスおすすめランキング【忙しいあなたへ】人気を無料や利用者数、売上で比較!簡易版

映画のレビューを書くと、あなたの好みの映画が見つかります!