検索 映画ポップコーンについて
登録/ログイン

消えない罪の豆知識・失敗談

豆知識・失敗談を投稿する

豆知識・トリビア

  • 豆知識・トリビア
    この映画は2010年に発表されました。プロデューサーのグレアム・キングは、アンジェリーナ・ジョリーにルース・スレーターを演じさせたいと考え、クリストファー・マッカリーに彼女のための脚本を書かせました。しかし、彼女が正式に契約することはなく、その後数年間、映画はマッカリーやスコット・フランクなど、さまざまな脚本家や監督を経て、失速してしまいました。2019年に再び制作に入りました。
  • 豆知識・トリビア
    ケイティがピアノで弾いている曲は、ショパンのバラード第1番ト短調op.23です。『戦場のピアニスト』でエイドリアン・ブロディがドイツ軍将校のために弾いていた曲と同じです。
  • 豆知識・トリビア
    原作は、イギリスで高い評価を得た3部作のミニシリーズ『Unforgiven』(2009年)です。
  • 豆知識・トリビア
    原作となったイギリスのミニシリーズ『Unforgiven』(2009年)にちなんで、開発当初は「Unforgiven」と呼ばれていましたが、プリプロダクションを経てタイトルなしで撮影が開始されました。業界誌では「タイトル未定のグラハム・キング作品」「タイトル未定のノラ・フィングシャイト・プロジェクト」など様々な呼び名で呼ばれていました。2020年9月に撮影が再開された際には、一時的に「Desire of the Prey」というワーキングタイトルが使用されました。アメリカの法律ではタイトルに著作権はありませんが、それでも映画製作者たちは、クリント・イーストウッド監督の映画『許されざる者』(1992年)との混同を避けるため、1年以上かけて適切なタイトルを探したのです。
  • 豆知識・トリビア
    ケイティがリサイタルで弾くピアノ曲は、レディオヘッドの「Everything In Its Right Place」です。

失敗談・うっかりミス

  • 失敗談・うっかりミス
    映画では、ルースは20年間刑務所に入ったとされていますが、犯行当時、妹は5歳でした。ということは、妹のキャサリンは、映画の舞台となった時点で少なくとも25歳になっていることになります。しかし、映画では、ルースがキャサリンに会うためには、キャサリンの養父母を通さなければならないかのように描かれています。キャサリンが18歳以上であれば、彼女は法的な成人であり、ルースの弁護士は直接彼女に連絡を取って会う約束をすることができるはずです。

ネタバレ有り

下記の内容にはネタバレが含まれます

豆知識・トリビア

  • 豆知識・トリビア
    ワシントン州では、8歳未満の子どもは刑事訴追を受けることができません。ケイティは銃撃されたとき5歳で、ルースが罪をかぶらなければ、何の結果にも直面しなかったでしょう。しかしルースは、自分がかつて人を殺したという事実をケイティに背負って生きてほしくないという理由だけで、とにかくそれを実行し、今も続けています。

オススメ情報

↓↓みんなが読んでいる人気記事↓↓

【2022年】動画配信サービスおすすめランキングに注意!人気を無料や利用者数、売上で比較!徹底版

→【すぐわかる】動画配信サービスおすすめランキング【忙しいあなたへ】人気を無料や利用者数、売上で比較!簡易版

映画のレビューを書くと、あなたの好みの映画が見つかります!