検索 映画ポップコーンについて
登録/ログイン

ナイブズ・アウト 名探偵と刃の館の秘密の豆知識・失敗談

豆知識・失敗談を投稿する

豆知識・トリビア

  • 豆知識・トリビア
    ブノワ・ブランが初めて登場したとき、彼は書斎に座り、エリオット警部のスロンビー家族の一員への事情聴取に耳を傾け、一見ランダムに同じ音を弾いているように見えます。これはランダムではありませんでした。ブランがピアノの鍵盤を弾いた後エリオット警部は「何時に家に着いたんだ?」と言う同じ質問をします。ピアノは、エリオットが質問をするための合図でした。
  • 豆知識・トリビア
    彼の母を演じているのにもかかわらず、K・カランはクリストファー・プラマーよりも6歳若かった。
  • 豆知識・トリビア
    マルタ姉妹が見ていたテレビドラマの刑事の声優はジョセフ・ゴードン=レヴィットが勤めたものである。なお彼は「探偵ハードロック(Detective Hardrock)」役名でタイトルバックにクレジットされている。ジョセフは今までにもライアン・ジョンソン制作の映画5本に出演している。
  • 豆知識・トリビア
    遺言書朗読会でランサムが家族に「クソくらえ」と言うのは、本来は「ファック・ユー」と言う予定でした。リアン・ジョンソン監督は、PG-13指定を受けるために、家族と一緒に見ていたミステリー映画に近づけるために、脚本中の "F "ワードのほとんどを削除することにしました。クリス・エヴァンスは、「クソくらえ」で代用することを提案した人物です。
  • 豆知識・トリビア
    移民の会話のシーンで、空になった皿を、まるでメイドのようにマルタに渡すのは、ドン・ジョンソンのアイデアです。
  • 豆知識・トリビア
    登場人物は、『Deadly by Surprise 』というタイトルのダニカ・マッケラー主演の架空のホールマーク映画に言及しています。マッケラーは、自分の名前を使っていいかどうか聞かれなかったものの、名前が入ったことを喜び、インスタグラムでこの映画への愛を語りました。後に彼女は、リアン・ジョンソン監督に「Deadly by Surprise」と彫られたナイフを送りました。

失敗談・うっかりミス

  • 失敗談・うっかりミス
    ポーチのシーンでは、ブランと警官の白い息が見え、寒い日であることを示しています。けれどもマルタはそうではなく、彼女の撮影は別の暖かい日に行われたように思われます。
  • 失敗談・うっかりミス
    もし、警察やブランがハーランのノートに書かれた最後の項目を読んでいたら、多くの捜査の手間を省くことができたでしょう。その書き込みは、この事件の正確な殺人方法についてのものだったのです。
  • 失敗談・うっかりミス
    ネタバレ: ランサムはマルタの医療バッグにあった小瓶からフランにモルヒネを注射します。「モルヒネ」と書かれた小瓶にはモルヒネではなくハーランの鎮痛剤が入っています。明らかにランサムはそのことを覚えているはずで、だからこそフランにモルヒネを注射する前に薬を入れ替えたのです。薬を入れ替えることで、マルタにフランの死の罪を着せることができるのです。

ネタバレ有り

下記の内容にはネタバレが含まれます

豆知識・トリビア

  • 豆知識・トリビア
    最初にマルタがトロンビー家に現れたとき、彼女は車道から家と家族を見上げています。ラストシーンでは、生き残ったトロンビー家の人々が全員、車道の同じ場所に立って、バルコニーのマルタを見上げており、役割が逆転したことをうまく表現しています。
  • 豆知識・トリビア

    映画の要所要所でトロンベイの家族はキューバ、エクアドル、パラグアイ、ウルグアイ、ブラジルからきているとマルタに言及しています。
    マルタ自身がアメリカで生まれたことはほのめかされていますが(彼女の母親だけが「違法」とされている設定により)、
    マルタはそれらを訂正することは決してなく、彼女の家族がどこで生まれたかを正しく述べたこともありません。
  • 豆知識・トリビア
    ハーラン・スロンビーは、孫のランサムののんきな生き方のせいで、小道具のナイフと本物のナイフの区別がつかなくなっているとマルタに話し、結末をほのめかしています。クライマックスでは、ランサムがナイフの椅子から衝動的に手にしたナイフでマルタを襲いますが、それが小道具のナイフであることを知ることになるのです。

失敗談・うっかりミス

  • 失敗談・うっかりミス
    マルタがトロンビーの投薬計画を調べたところ、彼は約1週間前に肩を負傷したと言いました。そのため、彼女は彼に100 mgのトラドール、続いて睡眠のために3 mgのモルヒネを投与しています。トラドールは15 mg/mlまたは30 mg/mlの用量でのみ投与されます。また、1回の投与量は60 mg/mLを超えてはなりません。また、投与期間は5日以内とします。

オススメ情報

↓↓みんなが読んでいる人気記事↓↓

【2022年】動画配信サービスおすすめランキングに注意!人気を無料や利用者数、売上で比較!徹底版

→【すぐわかる】動画配信サービスおすすめランキング【忙しいあなたへ】人気を無料や利用者数、売上で比較!簡易版

映画のレビューを書くと、あなたの好みの映画が見つかります!