検索 映画ポップコーンについて
登録/ログイン

ソー ラブ&サンダーの豆知識・失敗談

豆知識・失敗談を投稿する

豆知識・トリビア

  • 豆知識・トリビア
    クリスチャン・ベイルは当初、『ダークナイト ライジング』(2012)以降、コミックやスーパーヒーロー映画への出演の可能性を否定していました。演技として面白くなく、特に、バットマンのコスチュームを着ることは、悲惨なことだと感じていました。しかし、タイカ・ワイティティと脚本の質の高さに感銘を受け、本作への出演を承諾しました。
  • 豆知識・トリビア
    クリス・ヘムズワースの息子トリスタンは、クレジットされていませんが、この映画で若いソーを演じています。
  • 豆知識・トリビア
    これまで、MCUのキャラクターの中で、単独で4本の映画が製作されたのはソーだけです。
  • 豆知識・トリビア
    8度目の出演となるクリス・ヘムズワースは、本作のために105キロ(231ポンド)もの体格を手に入れ、過去最大の体格を実現しました。彼の長年のトレーナーであるルーク・ゾッキは、「彼は驚異的な状態です。今までで一番大きい。今までで一番重いんだ」。これだけの筋肉量を維持するために、ヘムズワースは撮影期間中、1日に8回以上食事をする必要がありました。
  • 豆知識・トリビア
    コーグがハサミの玉座に座っているのは、ジャンケンで石がハサミに勝てるからです。
  • 豆知識・トリビア
    出演は、クリスチャン・ベイル、マット・デイモン、ナタリー・ポートマン、タイカ・ワイティティ、ラッセル・クロウのオスカー受賞者5人と、ブラッドリー・クーパー、メリッサ・マッカーシーのオスカーノミネート者2人です。
  • 豆知識・トリビア
    本作は、ナタリー・ポートマンがジェーン・フォスター役でマーベル・シネマティック・ユニバースに正式に復帰した作品です。『マイティソー:ダーク・ワールド』(2013年)での経験を経て、ポートマンはもうMCU作品には出演しないと決めていました。しかし、彼女が『アベンジャーズエンドゲーム』(2019年)に声の出演をしたことが明らかになり、ポートマンが再び『ソー』作品に出演することを示唆しました。そして、2019年のサンディエゴ・コミコンで、ポートマンがステージに上がり、タイカ・ワイティティ監督からミョルニルの小道具を手渡され、ジェーンが本作でマイティ・ソーになることも正式に確認されました。
  • 豆知識・トリビア
    アクションスターであるクリス・プラットは、映画の中でクリス・ヘムズワースの体格に畏敬の念を抱いていることを告白しました。 この映画では、ヘムズワースは、これまでで最大の体格となっています。 プラットは、「『ソー・4』での彼を見ると、人々は驚くでしょう。実際には次世代のレベルです。彼は徐々に別次元のレベルに向上しました。私は彼の存在に畏敬の念を抱いていました。彼は実在する神です。彼は本当の銃(上腕二頭筋)を手にしました。素晴らしい!」
  • 豆知識・トリビア
    キスシーンを撮影する日は、ナタリー・ポートマンがヴィーガンなので、クリス・ヘムズワースは肉を控えていたそうです。
  • 豆知識・トリビア
    ナタリー・ポートマンは、In a Total Filmの別のインタビューで、クリスチャン・ベイルがコスチュームを着ているときは恐ろしく見えたと語っています。「子供たちが叫びながら走っていくのよ。彼はとてもとても怖い顔をしていて、それに加えてもちろん演技も素晴らしい。でも、この作品では、合間に、"やあ、どうしたの?"って、普通の会話をしていて、それがいやだった。なぜなら彼は恐ろしい顔をしていたからね。」
  • 豆知識・トリビア
    ソーとジェーンが別れ話をしたとき、ジェーンは3年前に起きたと推定しているのに対し、ソーは8年前と答えています。その差の理由は、ジェーンは『アベンジャーズインフィニティ・ウォー』(2018年)後の『デシメーション』で5年間もほったらかしにされていたからです。。また、『ソー:ラグナロク』(2017)でソーがロキに「お互い捨てたものだ」と言ったのに反して、本作では最終的に引き離したのはジェーンの方だと明言しています。
  • 豆知識・トリビア
    クリスチャン・ベイルはスケジュールの都合で、この映画から脱落しそうになりました。通常、ベイルはプロジェクト間のギャップを広く取ることを好みますが、今回はロサンゼルスでの映画撮影を終え、オーストラリアでの新型コロナウイルス検疫を開始してから3日しかなかったのです。最終的にスケジュールを合わせるように説得したのは、彼の子供たちでした。
  • 豆知識・トリビア
    撮影が始まる前に、俳優達と監督のタイカ・ワイティティは、ソーが撮影された土地の伝統的な所有者であるガディガル族とビジガル族のガメイ・ダンサーによる伝統的な喫煙式で国に歓迎されました。 式典にはテ・アランガヌイによるマオリ族のカラキア(マオリ族の祈り)も行われました。
  • 豆知識・トリビア
    クリス・ヘムズワースは、マーベル・ユニバースで最も好きな悪役をゴーアと呼んでいます。
  • 豆知識・トリビア
    ゼウスをギリシャ訛りで喋らせるのはラッセル・クロウのアイデアでした。しかし、監督のタイカ・ワイティティは、ギリシャ神話の神をイギリス訛りで演じたいと考え、クロウにギリシャ訛りとイギリス訛りのテイクをそれぞれ1回ずつ撮らせたのです。ワイティティは、クロウが正しく、ギリシャ訛りが最も効果的であると判断したのです。
  • 豆知識・トリビア
    クリス・ヘムズワース、タイカ・ワイティティ、ラッセル・クロウの出身国であるオーストラリアで撮影される予定です。
  • 豆知識・トリビア
    ヴァルキリーが名付けた神々の中に、「大工の神」というのがいます。他の神々とは異なり、この神は表示されていません。この姿の見えない神とは、大工を生業としたイエス・キリストのことでしょう。
  • 豆知識・トリビア
    タイトルのデザインは、1980年代に特に人気があったファンタジーのサブジャンル「剣と魔法の物語」に影響を受けています。
  • 豆知識・トリビア
    Tシャツの上にベストを羽織り、ジーンズを履いているソー。これはソーの力を受け継いだスーパーヒーロー、サンダーストライクのユニフォームです。
  • 豆知識・トリビア
    クリスチャン・ベールは、「スパイダーマン:ホームカミング」(2017年)のマイケル・キートン(エイドリアン・トゥームズ/ヴァルチャー)に続いて、マーベル・シネマティック・ユニバースに登場するバットマンを演じる2番目の俳優です。
  • 豆知識・トリビア
    エルサ・パタキー(クリス・ヘムズワースの妻)がソーの元恋人「狼女」として登場します。「マイティ・ソー/ダーク・ワールド」(2013年)にクレジットなしで出演した後のパタキーの2度目のマーベル映画出演です。(彼女は、ソーとのクレジットシーンのキス中でナタリー・ポートマンの代理を務めました。)同年、ヘムズワースはパタキーのアクション映画「インターセプター」(2022年)にクレジットなしでカメオ出演しました。
  • 豆知識・トリビア
    コミックでは、ゴア・ザ・ゴッド・ブッチャーの力は、ゴアの武器であるネクロソードが共生生物の暗黒神クヌルによって作られたことにより、共生生物(ヴェノム、カーネイジなど)と共有されています。本作では、現在コロンビア映画で映画を制作させているため、共生体については一切触れていません(ただし、コロンビアとマーベルの共同制作である『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』(2021年)で1体がマーベル・シネマティック・ユニバースに進出しました)。したがって、ネクロソードの前の使い手、クヌルと暗示されているのは、無名で名もない人物によって作られているのです。
  • 豆知識・トリビア
    トールのベストは、9つのオーブで形成された樹木をイメージしています。これは、北欧神話で宇宙とその9つの領域を描いた世界樹「ユグドラシル」をスタイリッシュに表現したものです。
  • 豆知識・トリビア
    コーグが洞窟の中で、子供たちにソーの功績について演説するシーンは、『マッドマックス・サンダードーム』(1985年)を参考にしており、その映画の中心人物について子供たちが聞くシーンも、ほぼ同じです。どちらもオーストラリアで撮影されました。
  • 豆知識・トリビア
    マーベル・シネマティック・ユニバースの29番目の作品です。
  • 豆知識・トリビア
    『アベンジャーズインフィニティ・ウォー』(2018)において、クリス・プラットは、主演ではなく助演であることで、ピーター・クイル/スター・ロードをよりリラックスして風変わりな解釈で演じることができたと感じているようです。
  • 豆知識・トリビア
    トールはヤギを食べるのに適していると考えています。北欧神話では、トールはよくヤギを屠殺し、その肉を食べ、その力でヤギを復活させたそうです。
  • 豆知識・トリビア
    神のひとつに「小籠包の神バオ」がいます。そんな神様は存在しません!これはディズニー短編映画『バオ』(2018)へのオマージュです。
  • 豆知識・トリビア
    あるシーンで、ソーとコーグが堕落した神の体を見つめています。 これは、「ソー:ゴッド・オブ・サンダー」コミック(第3号、2012 年 12 月)で、ソーが同じ体に出くわしたシーンのレプリカです。
  • 豆知識・トリビア
    予告編がかなり遅れて公開されたこともあり、『ソー/ラブ&サンダー』は、MCU映画の最初の予告編公開と劇場公開の間隔がともに2ヶ月未満と、最短記録を更新しています。
  • 豆知識・トリビア
    この映画は、ガンズ・アンド・ローゼズの影響を楽しんでいます。サウンドトラックは、ガンズ・アンド・ローゼズの曲でいっぱいです。ティーンエイジャーのアストリッドは、バンドのリードボーカルのアクセル・ローズの名前をとって、「アクセル」としか答えません。別の子供は、自分の部屋にバンドの非常に目立つポスターがあります。制作デザイナーのナイジェル・フェルプスは、ガンズ・アンド・ローゼズのミュージックビデオを担当しました。ジェーンが悪夢から目覚め、ベッドで正座するシーンは、ガンズ・アンド・ローゼズのミュージックビデオ「ノベンバー・レイン」(1992年)をオマージュしています。
  • 豆知識・トリビア
    デイリー・ピアソン演じるダリル・ジェイコブソンというキャラクターが本作にカメオ出演しています。このキャラクターは以前、タイカ・ワイティ監督のノン・キャノンのコメディ短編「Team Thor: parts 1 and 2」、「Team Darryl」に登場しました。短編では、最初はソー、次にグランドマスターと同居する人間でした。「ラブ&サンダー」では、ダリルは新アスガルドのツアーガイドを務めています。
  • 豆知識・トリビア
    タイキ・ワイティティは本作で監督を務め、初めて複数の『ソー』作品の監督を務めた人物となりました。
  • 豆知識・トリビア
    クリスチャン・ベイルとラッセル・クロウは、これまでDCコミックのキャラクターを演じたことがあり、本作が2作目のコミック長編となります。ベイルはクリストファー・ノーランの「ダークナイト」3部作でバットマン、クロウは「マン・オブ・スティール」(2013年)でジョー・エルを演じています。
  • 豆知識・トリビア
    ナタリー・ポートマンは、クリス・ヘムズワースの隣で背が高く見えるように、プラットフォーム・ボックスの上に立ちました。ポートマンの身長は5フィート3インチ(1.60メートル)、ヘムズワースは6フィート3インチ(1.91メートル)と、1フィート高いのです。
  • 豆知識・トリビア
    マット・デイモンがロキのバージョンを演じるのは、『ドグマ』(1999)、『マイティ・ソー バトルロイヤル』(2017)、『ジェイ&サイレント・ボブ リブートジェイ&サイレント・ボブ リブートを阻止せよ!』(2019)に続き4度目となります。
  • 豆知識・トリビア
    『ソー:ラグナロク』(2017)では、コルグがソーが自分のハンマーに「乗って」いることを示唆し、ソーはやや恥ずかしそうにしていました。しかし、『ソー/ラブ&サンダー』の冒頭では、ストームブレイカーに乗って戦いに挑んでいる。
  • 豆知識・トリビア
    当時の本作、『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』(2021年)と『ドクター・ストレンジ・マルチバースオブマッドネス』(2022年)は同時期に撮影されたものだそうです。『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』がニューヨークとジョージア州アトランタの両方で撮影されています。『ソー:ラブ&サンダー』はオーストラリアのシドニーで、『ドクター・ストレンジ ・マルチバースオブマッドネス』はイギリスで撮影され、『ザ・マーベルズ』(2023)はニュージャージー州ジャージーシティ、ロサンゼルス、イギリスのバッキンガムシャーで、『アントマン&ワスプ: クアントゥマニア』(2023年)はアトランタ、ジョージア、トルコ、イギリス・ロンドンで撮影されました。
  • 豆知識・トリビア
    クリスチャン・ベイルとラッセル・クロウは『3時10分、決断のとき』(2007年)でも敵役として出演していますが、『ソー/ラブアンドサンダー』では同じシーンを共有しているわけではありません。
  • 豆知識・トリビア
    ゴールの娘は、実生活ではクリス・ヘムズワースの娘、インディア・ローズ・ヘムズワースです。
  • 豆知識・トリビア
    クリスチャン・ベイルは『ダークナイト』3部作(2005-2012)でバットマン役を演じ、ハーヴェイ "トゥーフェイス "デントは最終的に彼に「君はヒーローとして死ぬか、自分が悪役になるのを見るために十分長く生きるか」という象徴的な言葉を告げました。『ソー/ラブ&サンダー』では、クリスチャン・ベイルはゴールの役を演じ、偶然にもコミック原作映画への2度目の出演で悪役となっています。
  • 豆知識・トリビア
    冒頭でコルグがソーの話をするとき、コミックに登場するクラシックなコスチュームを着たソーの姿が一瞬だけ映ることがあります。
  • 豆知識・トリビア
    2019年7月16日に本作が初めて発表され、その4日後の7月20日にサンディエゴ・コミコンでタイトルが発表されました。
  • 豆知識・トリビア
    ロキが登場する前作のフラッシュバックを除けば、ロキが登場しない初めてのソロ映画となります。
  • 豆知識・トリビア
    マレーシア、ブルネイ、クウェート、バーレーンでは、ディズニーがLGBT要素のカットを拒否したため公開されず、『エターナルズ』(2021)、『ドクター・ストレンジ・マルチバース・オブ・マッドネス』(2022)に続くMCU作品3本目の同じ運命を辿ることになりました。
  • 豆知識・トリビア
    コミックでは、ジェーンはマイティ・ソーになった後、病状が悪化して公表せざるを得なくなるまで、自分の正体を極秘にし、ごく一部の人しか知りませんでした。映画では、マイティ・ソーであることは決して秘密にはされません。
  • 豆知識・トリビア
    コミック版『ソー: ゴッドオブサンダー』のゴルは、球根状の鼻のない顔、牙、トゥイレックのような頭のしっぽ、だらしない外見を持つ醜いエイリアンでした。トゥイレックは、『スター・ウォーズ エピソード6 ジェダイの帰還』(1983年)で初めて登場した、『スター・ウォーズ』シリーズに登場する種族です。ラルフ・ファインズ演じるハリー・ポッターの敵役ヴォルデモートに酷似しているため、比較されないようCGIではなくメイクアップで外見を変えています。
  • 豆知識・トリビア
    ニック・フューリーがソーの携帯電話に電話をかけたとき、ソーが彼を "ニック・ファーリー" として保存していることが示されます。これは、ワイティティ製作の短編映画『チーム・ソー』(2016)で、ソーがフューリーの名前を「ファーリー」と発音すべきかどうか質問していることにちなんでいます。
  • 豆知識・トリビア
    MCU作品の中で、事前に予告編を公開せずにプレス・ジャンケットを開始した数少ない作品の一つです。
  • 豆知識・トリビア
    ナタリー・ポートマンは以前、テッサ・トンプソンと共演した『アナイアレイション -全滅領域-』(2018年)に出演していました。また、ポートマンは『聖杯たちの騎士』(2015)でクリスチャン・ベイルと、『マイティ・ソー バトルロイヤル』(2017)でヘラ役を演じたケイト・ブランシェットと共演しています。
  • 豆知識・トリビア
    マーベル・シネマティック・ユニバースのフェーズ4では、本作が初のソー作品となります。

失敗談・うっかりミス

  • 失敗談・うっかりミス
    『マイティ・ソー バトルロイヤル』では、コルグには母親がいると言っています。しかし、本作では、コルグが「クローナンの生殖には父親が2人必要だ」と言っています。
  • 失敗談・うっかりミス
    ストームブレイカーには意識があり、ソーに対して態度を示し、時には命令に背くこともあることが示されています。しかし、ゴールがストームブレイカーを捕らえたとき、斧は彼の意志に逆らおうとはせず、無思慮で無感動な道具として振る舞いました。
  • 失敗談・うっかりミス
    ネタバレ: ポストクレジットの2番目のシーンで、ヘイムダルがジェーン・フォスターをヴァルハラに迎えるとき、彼の目は金色ではなく、イドリス・エルバの自然な茶色になっています。ヘイムダルの目が金色一色だったのは、宇宙を見通す超能力があったからです。彼はもう死んでヴァルハラで眠っているので、その力を使う意味はもうないのです。
  • 失敗談・うっかりミス
    飛行艇がゴールの惑星に衝突したとき、艇の名前が逆になっており、鏡像が使用されていることがわかります。
  • 失敗談・うっかりミス
    フラッシュバック中、ソーの携帯電話にニック・フューリーからの着信が表示されますが、名字のスペルが "Furry "になっています。これは、ソーがニック・フューリーの名前の正しい綴りを知らないことを明らかにするジョークです。
  • 失敗談・うっかりミス
    冒頭、ゴールが庭にいるシーンで、クリスチャン・ベイルの目玉が左右に切り替わっていることに注目してください--いくつかのショットは明らかに反転しています。
  • 失敗談・うっかりミス
    トールとゼウスは、ゼウスの息子をヘラクレスと呼んでいます。ゼウスはギリシャ名で、ジュピターはローマ名、ヘラクレスはローマ名でヘルクレスです。ギリシャの名前とローマの名前をこのように使い分けることはありません。しかしローマ名の方がポップカルチャーで認知度が高く、マーケティング上も賢明な選択であるため、ほぼすべての映画がこのようにしています。
  • 失敗談・うっかりミス
    《ネタバレ》 コルグの解説で、ソーはムジョルニアにジェーンを守ってくれるように頼みます。これが、癌で死期が迫ったジェーンをムジョルニアが呼び寄せる魔法につながると思われます。しかし、終盤でソーは、ムジョルニアを使うことでジェーンのエネルギーが失われ、ムジョルニアを使い続けるとジェーンは死んでしまうことを示唆します。両方はありえないのです。

ネタバレ有り

下記の内容にはネタバレが含まれます

豆知識・トリビア

  • 豆知識・トリビア
    ソーのヤギ「トゥースグラインダー」と「トゥースグナッシャー」が映画に登場します。これらのヤギは、コミックと北欧神話のソーの両方に登場していました。
  • 豆知識・トリビア
    これは、ジェイソン・アーロンの「ソー」の漫画に基づいています。ソーは、ゴア“ゴッド・ブッチャー”(神殺し)に遭遇し、信仰の危機に苦しんでいます。ジェーン・フォスターは、ミョルニルのハンマーを獲得し、ソーの称号を得ています。 コミックでは二つの話は別の本になっていますが、この映画では一緒になり、内容は結びついています
  • 豆知識・トリビア
    ミョルニルと ストームブレイカー(ソー の元のハンマーであり、ミョルニルが破壊された後に彼が鍛造した斧) は意識はあるが話す能力がない、生きている武器が登場する、 MCU の最初の映画です。
  • 豆知識・トリビア
    ヘイムダルの 10 代の息子 アストリッド は「地球から来たロック バンド」に敬意を表して、「アクセル」という名前に変更することを求めています。 これは、ガンズ・アンド・ローゼズのリード・シンガーであるアクセル・ローズの影響を受けています。 ただし、アクセルは「ヘルメット」を意味する古代北欧の名前でもあり、アスガルドと人間の文化を融合させています。
  • 豆知識・トリビア
    戦闘中、衛兵は負傷しても赤い血は飛び散らず、金色になります。これは、ゼウスとダナエの物語で、ゼウスがダナエに会って誘惑するために黄金の雨で身を翻したことにちなんでいます。これは、エジプトの神々が血ではなく金を持っていた『キング・オブ・エジプト』(2016年)にも通じるものです。また、神々は血の代わりにイコールという物質を持っているとするギリシャ神話にも通じるものがあります。
  • 豆知識・トリビア
    ゼウスがソーの服をはじくシーンで、ソーの背中には『アベンジャーズインフィニティ・ウォー』(2018)でサノスに殺された亡き兄ロキへのトリビュートとして、タトゥーが施されています。『ロキ』(2021)で彼の変種がまだ生きていることを知らず、『アベンジャーズエンドゲーム』(2019)のタイムトラベル強盗の際にアベンジャーズが2023年から2012年にタイムスリップし、そこで誤ってロキにテッセラクトを回収させ、それを使ってアスガルドに移動させられる前に逃亡します。
  • 豆知識・トリビア
    ソー、ジェーン・フォスター、ヴァルキリーがゴアを追うために使用する船のキャビンには、「カクテル&ドリーム」と呼ばれるネオンライトがあります。トム・クルーズが「カクテル」(1988年)で最後に開いたバーの名前です。
  • 豆知識・トリビア
    映画では、エタニティが古代の巨大な力を持つ存在として紹介されています。スタン・リーとスティーブ・ディトコによって生み出されたキャラクターで、Strange Tales # 138 (1965年11月)で紹介されました。星や星雲を内包し、顔の右半分だけが見える生きたシルエットとして描かれたエタニティは、宇宙だけでなく、宇宙そのものの感覚を象徴するコズミック・エンティティです。ビッグバンでインフィニット、デス、ギャラクタスと一緒に生まれたエタニティは、時間と空間の法則に縛られない全能、全知、全宇宙の存在です。コズミック・エンティティ(形而上学的生命概念)として、劣等生物や人間には知覚できず、必要なときにコミュニケーションをとるための形をとっています。
  • 豆知識・トリビア
    コミックのストーリー「マイティ・ソーの死」では、映画と同様、ジェーンを癌から守りながらも、ムジョルニアを使い続けることで体力を消耗し、マイティ・ソーへの最後の変身で映画と同じように死に至るというものでした。ただ、映画ではジェーンは死んだままでしたが、コミックではオーディンが彼女を蘇生させ、その後ジェーンは乳がんを克服するために化学療法に通うことができたというのが大きな違いです。
  • 豆知識・トリビア
    ヘイムダルには、映画の中でアクセル(旧姓アストリッド)という息子がいます。北欧神話では、ヘイムダル(リグルと名乗る)には3人の子供がいて、それぞれ社会の異なる階級を築きました。スロール(最初の農奴・奴隷)、カール(最初の農民・農民)、ヤール(最初の伯爵・貴族)です。映画では、アクセルはアスガルド人の新しい社会の一員を象徴しています。
  • 豆知識・トリビア
    映画の序盤で、シフは左腕を失います。コミックでは、ソーはムジョルニアにふさわしくなくなった直後に左腕を失い(義手と交換された)、ジェーンがソーになるために神秘のハンマーを手にする舞台となりました。
  • 豆知識・トリビア
    ソーはヴァルキリーとジェーン・フォスターに、シャドウ・レルム(ゴールの本部)が色のない場所であることを明かします。色とは光の屈折であり、星からの白い光が物質(生物、無生物)を通過すると、光の一部が吸収され、残りが反射され、その反射された光の部分が物質の色になります。しかし、黒色体は光をすべて吸収してしまうので、色を映しません。影の世界は白黒で描かれ、色を出す星はないが、目に見える光は十分にある、という物理学の異常さが明らかにされています。
  • 豆知識・トリビア
    全能都市での戦いの後、ヴァルキリーがゼウスの乙女の一人とハンドキスをするシーンが見られます。これは、テッサ・トンプソンが『ソー:ラグナロク』(2017)公開後に、ヴァルキリーがバイセクシャルであることを明かしたことにちなんでいます。トンプソン自身も男女両方に魅力を感じていますが、「バイセクシャル」という言葉は避けたがっています。
  • 豆知識・トリビア
    本作に登場するオリンポスの神々は、ゼウス、ヘラクレス(ポストクレジットシーンで登場)、ディオニュソス、ミネルヴァの4人です。ミネルヴァは知恵の女神で、アテナ(ギリシャ)と対をなすローマ神話の女神で、すでに『エターナルズ』(2021年)にテーナの名で登場しています。

オススメ情報

↓↓みんなが読んでいる人気記事↓↓

【2022年】動画配信サービスおすすめランキングに注意!人気を無料や利用者数、売上で比較!徹底版

→【すぐわかる】動画配信サービスおすすめランキング【忙しいあなたへ】人気を無料や利用者数、売上で比較!簡易版

映画のレビューを書くと、あなたの好みの映画が見つかります!