検索 映画ポップコーンについて
登録/ログイン

「今の時代に求められる古典ファンタジー」 Disney's クリスマス・キャロル fu1ru2kさんの映画レビュー

Disney's クリスマス・キャロル A Christmas Carol

今の時代に求められる古典ファンタジー

2021年5月22日 18時09分 役立ち度:0人
総合評価: 4.0
19世紀の文豪ディケンズによるベストセラーが、ディズニーのCGによって生命を吹き込まれ21世紀に甦ったかのようでした。加速する高齢化や薄れていく人と人との繋がりといったストーリーの根底で扱う社会問題は、現代のほうが一層深刻なのかもしれません。
クリスマスの夜が迫ってロンドン全体が浮き足だっている中で、ひとり自宅に引きこもり暖炉の前に座り込むエベニザー・スクールジだけは厳めしい顔つき。たとえ大きなお屋敷に莫大な財産を貯めこんでいたとしても、心の中の隙間だけは埋められないことを痛感します。
死んだはずの共同経営者マーレイが突如として目の前に現れるシーンは、原作ほどに陰惨としたムードはありません。スクールジの心を動かすために代わる代わるやって来る「過去」「現在」「未来」の3人組も、亡霊というよりも案内人のようで親しみが持てます。悩んだ末にスクールジが下したひとつの決断には、いかにして他の誰かと幸せや感動を分かち合うのか考えさせられるでしょう。
詳細評価
  • 物語
  • 配役
  • 映像
  • 演出
  • 音楽
イメージワード
  • ・不思議
  • ・知的
  • ・ファンタジー
このレビューは役に立ちましたか? 役に立った

オススメ情報

↓↓みんなが読んでいる人気記事↓↓

【2021年】動画配信サービスおすすめランキングに注意!人気を無料や利用者数、売上で比較!徹底版

→【すぐわかる】動画配信サービスおすすめランキング【忙しいあなたへ】人気を無料や利用者数、売上で比較!簡易版

映画のレビューを書くと、あなたの好みの映画が見つかります!

似ている作品