検索 映画ポップコーンについて
登録/ログイン

「邦題の妙!」 負け犬の美学 健太さんの映画レビュー

負け犬の美学 Sparring

邦題の妙!

2021年9月16日 20時27分 役立ち度:0人
総合評価: 4.0
ボクシング映画はハズレが少ない。
どうにもこうにも胸を激しく打つ秀作が多いジャンルなのである。
本作もそんな作品のひとつ。
オリジナルの原題は『SPARRING(スパーリング)』。
ウ~ン悪くはないけど、本作に限ってはこの邦題がスバラシイ!
邦題ってガックリきたり「なんでやねん!」ってツッコミを入れたくなってしまうものが多い中で『負け犬の美学』は作品の内容を的確に伝えた名タイトルだと思う。
主人公が45才のロートル・ボクサーだと聞いて、彼の再起を懸けたリベンジ・マッチを描くとか、そういうのを想像しがちだけど、そりゃ丸く収めて感動を安売りするハリウッド映画のオハナシ。
やるせないドラマ映画のメッカであるフランス産まれの本作は、49戦13勝33敗3分けという負け組中年ボクサーの現実を、イヤというほど叩きつける。
しかし、感動作であることに変わりはない。
特にラストの愛娘とのシーンは印象深く、ジーンと来た。
エンドロール間際に登場する、実際にアレな戦績を残したボクサーたちの実際の映像も何か良い。
詳細評価
  • 物語
  • 配役
  • 映像
  • 演出
  • 音楽
イメージワード
  • ・悲しい
  • ・勇敢
  • ・切ない
  • ・かっこいい
このレビューは役に立ちましたか? 役に立った

オススメ情報

↓↓みんなが読んでいる人気記事↓↓

【2021年】動画配信サービスおすすめランキングに注意!人気を無料や利用者数、売上で比較!徹底版

→【すぐわかる】動画配信サービスおすすめランキング【忙しいあなたへ】人気を無料や利用者数、売上で比較!簡易版

映画のレビューを書くと、あなたの好みの映画が見つかります!

似ている作品