検索 映画ポップコーンについて
登録/ログイン

ブレードランナー 2049の豆知識・失敗談

豆知識・失敗談を投稿する

豆知識・トリビア

  • 豆知識・トリビア
    ニアンデル・ウォレス役にデニス・ヴィルヌーヴ監督が最初に選んだ人物はデヴィッド・ボウイだったが、彼は撮影が始まる前に亡くなった。
  • 豆知識・トリビア
    ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督は1982年公開のブレードランナーの熱狂的なファンが新しい映画をどのように見るのか、絶大なプレッシャーを感じていたと綴っています。「映画館へ見に行く全ての人、一人ひとりが好戦的な事はわかります。私はそれを承知しているし、尊重しています。いいのです。なぜなら芸術だからです。芸術はリスクですし、私は人生にリスクを犯さなければなりません。しかし私にとってそれはとても楽しいのです。とても刺激的で、刺激を受けます。私は10歳の頃からSF映画をとることを夢見てきました。そして、たくさんの続編に"ノー"を言ってきました。この映画には言えませんでした。この映画をとても愛しています。なので私は撮ります。そして素晴らしい映画にするために、私の全てを捧げますと言いました。
  • 豆知識・トリビア
    オープニングのライアン・ゴズリング演じる「K」とデイヴ・バウティスタ演じるサッパー・モートンとの対決シーンは絵コンテに描かれていたシーンが正確に再現されていますが、前作の「ブレードランナー」(1982)では映像化されませんでした。
  • 豆知識・トリビア
    ハリソン・フォードは、戦闘シーンの撮影中、誤ってライアン・ゴズリングの顔を殴ってしまいました。フォードは謝罪として、ゴズリングにスコッチウィスキーのボトルを一緒に飲もうと誘いました。
  • 豆知識・トリビア
    『ブレードランナー』(1982年)とこの続編の間を埋める3つの短編映画があり、ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督によると、それぞれが『ブレードランナー 2049』のバックストーリーの重要な瞬間を描いているといいます。『ブレードランナーブラックアウト 2022』(2017年)は、時系列的には最初の作品で、映画で言及されている「ブラックアウト」を扱っています。続いて『2036:ネクサス・ドーン』(2017年)では、ナイアンデル・ウォレスがレプリカント産業の復活に成功する様子が描かれ、最後に『2048:ノーウェア・トゥ・ラン』(2017年)では、サッパー・モートンが特定され、映画のプロットがスタートします。『ブラックアウト2022』は、『アニマトリックス』(2003年)や『カウボーイビバップ』(1998年)などで有名なアニメ監督の渡辺信一郎氏が手がけました。他の2作品は、リドリー・スコットの息子であるルーク・スコットが監督しています。

失敗談・うっかりミス

  • 失敗談・うっかりミス
    (44分頃)Kが3人の娼婦に会うと、そこら中に外国語の広告があり、そのうちのひとつはコカ・コーラのものでヘブライ語です。文字が点滅して、一文字ずつ点灯していきます。点灯する順番は左から右ですが、ヘブライ語なので本来は右から左のはずです。

ネタバレ有り

下記の内容にはネタバレが含まれます

豆知識・トリビア

  • 豆知識・トリビア
    K が所有している木製の馬が示すように、2049年では木材は希少で貴重なものです。ニアンダー・ウォレスの家は、彼がいかに裕福であるかを示すために、ほとんどが木で作られています。

オススメ情報

↓↓みんなが読んでいる人気記事↓↓

【2022年】動画配信サービスおすすめランキングに注意!人気を無料や利用者数、売上で比較!徹底版

→【すぐわかる】動画配信サービスおすすめランキング【忙しいあなたへ】人気を無料や利用者数、売上で比較!簡易版

映画のレビューを書くと、あなたの好みの映画が見つかります!