検索 映画ポップコーンについて
登録/ログイン

「神をも恐れぬ怪進撃」 ゆきゆきて、神軍 fu1ru2kさんの映画レビュー

ゆきゆきて、神軍 The Emperor's Naked Army Marches On

神をも恐れぬ怪進撃

2021年9月10日 11時16分 役立ち度:0人
総合評価: 5.0
平和と豊かな暮らしを満喫していた1980年代の日本人に向けて、数々の挑発的な言動を繰り返した奥崎謙三の生きざまが壮絶。戦後のことなかれ主義、21世紀にまで先送りにされてしまった靖国問題についても考えさせられました。
全国紙を発行する新聞社の社長、日本列島改造を叫び続けた首相。大手メディアや権力者をターゲットにした、過激なパフォーマンスには圧倒されます。遂には日本人なら誰でも知っている「あのお方」を、パチンコ玉で狙い撃ちしようとしたという逸話にはビックリですね。裁判での破天荒な振る舞い、実刑判決を受けて出所してからもその暴走ぶりは止まることはありません。
いく先々でトラブルを巻き起こしていく奥崎を見て、数少ない支援者たちも徐々に距離を置いていく様子が印象的です。映画やテレビを通して見ているだけならば害はありませんが、いざ自分の身に降りかかってくるのかと思えば関わりたくないのが大衆の心理なのでしょう。ただひとりだけ彼の側を離れなかった、妻・シズミの胸のうちにも思いを巡らせてみてください。
詳細評価
  • 物語
  • 配役
  • 映像
  • 演出
  • 音楽
イメージワード
  • ・不気味
  • ・知的
  • ・パニック
このレビューは役に立ちましたか? 役に立った

オススメ情報

↓↓みんなが読んでいる人気記事↓↓

【2021年】動画配信サービスおすすめランキングに注意!人気を無料や利用者数、売上で比較!徹底版

→【すぐわかる】動画配信サービスおすすめランキング【忙しいあなたへ】人気を無料や利用者数、売上で比較!簡易版

映画のレビューを書くと、あなたの好みの映画が見つかります!

似ている作品