検索 映画ポップコーンについて
登録/ログイン

「ロシアの歴史を考えさせる映画」 遥かなる勝利へ BeFlapさんの映画レビュー

遥かなる勝利へ Utomlennye solntsem 2

ロシアの歴史を考えさせる映画

このレビューにはネタバレが含まれています

2021年2月8日 11時47分 役立ち度:0人
総合評価: 5.0
94'年の「太陽に灼かれて」に始まる三部作の3作目です。前作の「戦火のナージャ」は戦争アクション映画の部分が多かったですが、本作では最初の作品でコトフ(N.ミハルコフ)を陥れたドミトリ(オレグ・メンシコフ)との関係も再び描かれます。
その当時の状況で、それぞれ誰かを陥れたりするなどは、ロシアの歴史ではかなりあったのでしょう。本作では、将校に復帰するコトフですが、一兵卒としているよりも困難な立場に立たされます。帝政を倒しても共産党による独裁で大量の犠牲者を出したり、ソ連崩壊後も新興財閥に国が食い物にされたりと、何かと大変な歴史を辿ってきたロシアというものがこの映画でも描かれています。
普通の庶民は、様々なことで、その時の政府やそれぞれの上層部に翻弄されてきたのでしょうが、そのような事により、外国への警戒心が強くなり、知らない外国のものよりある程度雑でも、自国の政府を支持するというロシア人のメンタリティーが形成されたのかもしれません。
詳細評価
  • 物語
  • 配役
  • 映像
  • 演出
  • 音楽
イメージワード
このレビューは役に立ちましたか? 役に立った

オススメ情報

↓↓みんなが読んでいる人気記事↓↓

【2022年】動画配信サービスおすすめランキングに注意!人気を無料や利用者数、売上で比較!徹底版

→【すぐわかる】動画配信サービスおすすめランキング【忙しいあなたへ】人気を無料や利用者数、売上で比較!簡易版

映画のレビューを書くと、あなたの好みの映画が見つかります!

似ている作品