検索 映画ポップコーンについて
登録/ログイン

「裏と表を合わせてふたりでひとり」 バイロケーション fu1ru2kさんの映画レビュー

バイロケーション Bilocation

裏と表を合わせてふたりでひとり

2021年9月17日 04時07分 役立ち度:0人
総合評価: 4.0
見たら即死というドッペルゲンガーとは一線を画した、「バイロケーション」の設定が上手く効果を発揮しています。もしも自分とまったく同じ姿形をした人間がいたら、面倒な事は全て引き受けてくれるかも… そんな夢のような物語かと思いきや恐るべき落とし穴が待ち受けていました。
もうひとりの自分との直接対決という超常現象をテーマにしながら、ヒロイン・桐村忍のごく普通の夫婦生活が平行して映し出されていくのが面白いですね。視力にハンディキャップがあるものの心優い夫の勝、ふたりが暮らしているマンションの508号室、忍がアトリエ代わりに使っている605号室。コンクールに応募するために忍が製作中の絵と、窓から見える風景との微妙なズレに騙さないように。
左遷させられた元エリート刑事から、難病の息子を抱える母親まで。忍の周りで少しずつ増えていく「バイロケ仲間」たちとの交流会や、運命共同体のような関係からも目が離せません。彼ら彼女たちが皆一様に口にする「絶対に渡したくないもの」を守り抜くことができるのか、終盤で忍に突き付けられる究極の二者択一は必見です。
詳細評価
  • 物語
  • 配役
  • 映像
  • 演出
  • 音楽
イメージワード
  • ・恐怖
  • ・不思議
  • ・絶望的
このレビューは役に立ちましたか? 役に立った

オススメ情報

↓↓みんなが読んでいる人気記事↓↓

【2021年】動画配信サービスおすすめランキングに注意!人気を無料や利用者数、売上で比較!徹底版

→【すぐわかる】動画配信サービスおすすめランキング【忙しいあなたへ】人気を無料や利用者数、売上で比較!簡易版

映画のレビューを書くと、あなたの好みの映画が見つかります!

似ている作品