検索 映画ポップコーンについて
登録/ログイン

「駆け出し検事が見えない悪に迫る」 顔のないヒトラーたち fu1ru2kさんの映画レビュー

顔のないヒトラーたち Labyrinth of Lies

駆け出し検事が見えない悪に迫る

2021年9月27日 18時21分 役立ち度:0人
総合評価: 4.0
若くてエネルギッシュな検察官ヨハン・ラドマンの目線から物語は進行していきますが、決して超人的なヒーローとして描かれている訳ではありません。1日の終わりには事務作業とルーティンワークで疲れ果てていて、ことなかれ主義な同僚との関係に思い悩み、上層部から思わぬ横やりが入って挫折したり躓いたりしてしまうことも。
そんなヨハンを慈父のような目線で見守る、検事総長フリッツ・バウアーの存在が頼もしいです。さらにはホロコーストを生き延びたシモン・キュルシュとのあいだに、人種の壁を越えた共闘関係が芽生えていく展開に胸が熱くなります。
ナチスドイツを率いてヨーロッパ諸国に侵攻したヒトラー、ユダヤ人のジェノサイドを巻き起こしたアイヒマン、アウシュヴィッツで非道な人体実験を繰り返したメンゲレ。この映画には数多くの悪名が登場するものの、本当に恐ろしいのは名前を持たない大衆なのでしょう。単純な善悪の二元論では裁けない、誰もが虐殺者となりうる危険性を痛感しました。
詳細評価
  • 物語
  • 配役
  • 映像
  • 演出
  • 音楽
イメージワード
  • ・恐怖
  • ・知的
  • ・勇敢
このレビューは役に立ちましたか? 役に立った

オススメ情報

↓↓みんなが読んでいる人気記事↓↓

【2021年】動画配信サービスおすすめランキングに注意!人気を無料や利用者数、売上で比較!徹底版

→【すぐわかる】動画配信サービスおすすめランキング【忙しいあなたへ】人気を無料や利用者数、売上で比較!簡易版

映画のレビューを書くと、あなたの好みの映画が見つかります!

似ている作品