検索 映画ポップコーンについて
登録/ログイン

「スッキリしきれないのが残念だった、でも見てよかった!」 プロミシング・ヤング・ウーマン あみ🌸さんの映画レビュー

プロミシング・ヤング・ウーマン Promising Young Woman

スッキリしきれないのが残念だった、でも見てよかった!

このレビューにはネタバレが含まれています

2021年7月19日 17時57分 役立ち度:0人
総合評価: 3.0
プロミシング・ヤング・ウーマン Promising Young Woman
の意味は、将来を約束された女性という意味。
医学部に通い、映画タイトル通り将来を約束された主人公、キャシー。

キャシーの学生時代に起きたある事件がキッカケで、キャシーは医療の道には進まずコーヒー屋さんのスタッフとして働く事に。
日中コーヒー屋で働きながら、夜はクラブや酒場に行き、酒に酔ったフリをして男性にお持ち帰りされ、無理やりシようとする男性をこらしめるという展開で始まります。

リベンジサスペンスとして大体の話筋の想像は出来てしまいます。
ところどころ面白い展開がありつつも、全て見た感想としてはウーーンです。
面白かったし見てよかったけど、人にオススメできるかと言ったらNOだし、もう1度見る事もないのでは。。

ネタバレを含みますが、自分的に微妙だった点を書きますね。

①キャリー・マリガンが30歳に見えない。
実年齢35歳だそうで、役の年齢は30歳ですが、40代に見えるシワ、疲れで、ちょっとストーリーに集中できませんでした。
クラブでなんでこんなおばさんが酔っ払って座ってるの?ナンパとかではなく、介護が必要では?という感じで違和感を感じてしまいます。

②親友ニーナがレイプされ自殺、この事件をキッカケに復讐が始まるが、この事件についてあまり触れられない、ニーナは登場もしない。

学生時代から10年近く経った今、なぜ復讐を始めたのか、自分の将来を捨ててまで復讐すべき親友だったのか、親友はなぜ自殺を選んだのか、などなど、この映画の原点とも言える部分が全く語られないままストーリーが進みます。
肝心な部分を見せないのに、無駄が多い脚本に思え、脳内で補完しながら映画を見ないといけないのが残念でした。

アカデミー賞脚本賞を受賞したのはとっても疑問でした。。2020年はコロナもあり不作の年だったのかなぁ。。
詳細評価
  • 物語
  • 配役
  • 映像
  • 演出
  • 音楽
イメージワード
  • ・悲しい
  • ・不気味
このレビューは役に立ちましたか? 役に立った

オススメ情報

↓↓みんなが読んでいる人気記事↓↓

【2021年】動画配信サービスおすすめランキングに注意!人気を無料や利用者数、売上で比較!徹底版

→【すぐわかる】動画配信サービスおすすめランキング【忙しいあなたへ】人気を無料や利用者数、売上で比較!簡易版

映画のレビューを書くと、あなたの好みの映画が見つかります!

似ている作品