検索 映画ポップコーンについて
登録/ログイン

「トパーズ(監督:ヒッチコック)に関して」 トパーズ 高橋美一(Ed.Ian)さんの映画レビュー

トパーズ TOPAZ

トパーズ(監督:ヒッチコック)に関して

このレビューにはネタバレが含まれています

2023年8月28日 01時41分 役立ち度:0人
総合評価: 5.0
ヒッチコック映画は、この作品の後、2本ありますが、この映画:トパーズは、ヒッチコック映画に共通するウィットネスが感じ取れる、最後の作品です。
ソ連系の諜報部(ピアノ演奏が出来る女性が登場します)、と、キリスト教派閥の諜報部(英語よりも中国語が得意な女性が課長)、の確執、次に、当時、社会主義国家のキューバ、とアメリカ合衆国が協調するかもしれないとかで、ソ連と、アメリカ合衆国、は、ミサイルに依る大変な事態、になるのが予想されるので、フランスが、介入し、これを、回避した、と、描いています。
大変、理論的な構成の映画で、ヒッチコックの演出には、枯れた、素晴らしさがあります。
次に、モーリス・ジャールの映画音楽(劇中音楽)は、旧約聖書的です。
他に、ジャレエはNATOの人物ということになっていますが、実際は、Z国の政治理論研究所の所長ではないでしょうか。
これは、すぐれたカソリック映画です。

詳細評価
  • 物語
  • 配役
  • 映像
  • 演出
  • 音楽
イメージワード
  • ・恐怖
  • ・絶望的
  • ・知的
このレビューは役に立ちましたか? 役に立った

オススメ情報

↓↓みんなが読んでいる人気記事↓↓

【2022年】動画配信サービスおすすめランキングに注意!人気を無料や利用者数、売上で比較!徹底版

→【すぐわかる】動画配信サービスおすすめランキング【忙しいあなたへ】人気を無料や利用者数、売上で比較!簡易版

映画のレビューを書くと、あなたの好みの映画が見つかります!

似ている作品