検索 映画ポップコーンについて
登録/ログイン

プライベート・ウォー A Private War

The Sunday Times の特派員メリー・コルヴィン(ロザムンド・パイク)は、スリランカ内戦を取材していた2001年に左目を失明する。PTSDに苦しみながらも、世間の関心を紛争地域に向けるために彼女は戦場を駆け巡る。2012年、シリアで過酷な状況下に置かれた市民の現状を世界に発信しようとホムス入りしたメリーは、命懸けのライブ中継に挑む。
もっと見る
87/100 RottenTomatoのアイコンRottenTomato
3.6/5.0 映画.comのアイコン映画.com
3.8/5.0 Yahoo!映画のアイコンYahoo!映画
6.7/10.0 IMDbのアイコンIMDb
75/100 MetacriticのアイコンMetacritic

映画ポップコーンの評価

評論家点数: - /5.0
一般点数: - /5.0

プライベート・ウォーの動画配信情報

プライベート・ウォーのDVD/Blurayの値段を確認する

Twitter Facebook LINE

プライベート・ウォーの豆知識・失敗談

豆知識・失敗談を投稿する
  • 豆知識のアイコン豆知識・トリビア
    オスカーにノミネートされた2人を起用。パイク、トゥッチです。
  • 豆知識のアイコン豆知識・トリビア
    2018年12月4日付けの『ハーパーズ・バザー』の記事で、マリー・コルヴィンを知る戦争特派員のジャニーヌ・ディ・ジョヴァンニが、この映画を批判的に書いています。「コルヴィンが働いていたサンデー・タイムズには、彼女の健康を気遣うような善人はおらず、記者の安全を犠牲にしてでもスクープを狙う編集者がいた。コルビンにはロンドンに多くの友人がいたが、映画の中のブリジット・ジョーンズ風の恋人役(ニッキ・アムカバードが演じた)のような人はいなかった。彼女の最後のボーイフレンドは、世話好きで愛情深いスタンリー・トゥッチではなく、むしろ彼女に計り知れない心痛と苦痛を与えた男だった。コルヴィンの最初の夫とされるパトリック・ビショップが冒頭のシーンで言うように、ボスニアには「棒に刺さった首」はなかった(チェチェンでは棒に刺さった首があった)。コルヴィンの2番目の夫、フアン・カルロス・グムシオは、彼女の人生において重要な役割を果たしたにもかかわらず、脚本から完全に消されている」。ロザムンド・パイクの演技には肯定的ですが、彼女は読者に代わりにドキュメンタリー映画「Bearing Witness 」(2005年)を見るよう勧めています。
  • 豆知識のアイコン豆知識・トリビア
    タロン・エガートンは当初キャスティングされていまさいたが、結局離脱しました。 代わりにジェイミー・ドーナンが参加しました。
豆知識・失敗談を全て見る

プライベート・ウォーの動画

映画『プライベート・ウォー』予告編
1 / 4 引用:youtube.com
  • 映画『プライベート・ウォー』予告編
  • 映画『プライベート・ウォー』予告編
  • 『プライベート・ウォー』の真実。映画『メリー・コルヴィンの瞳』予告編
  • 戦場記者メリー・コルヴィンの信念が伝わるシーンが解禁/映画『プライベート・ウォー』本編映像
動画を全て見る

プライベート・ウォーの画像

プライベート・ウォーの画像
1 / 36 引用:IMDb.com
  • プライベート・ウォーの画像
  • プライベート・ウォーの画像
  • プライベート・ウォーの画像
  • プライベート・ウォーの画像
  • プライベート・ウォーの画像
  • プライベート・ウォーの画像
  • プライベート・ウォーの画像
  • プライベート・ウォーの画像
  • プライベート・ウォーの画像
  • プライベート・ウォーの画像
  • プライベート・ウォーの画像
  • プライベート・ウォーの画像
  • プライベート・ウォーの画像
  • プライベート・ウォーの画像
  • プライベート・ウォーの画像
  • プライベート・ウォーの画像
  • プライベート・ウォーの画像
  • プライベート・ウォーの画像
  • プライベート・ウォーの画像
  • プライベート・ウォーの画像
  • プライベート・ウォーの画像
  • プライベート・ウォーの画像
  • プライベート・ウォーの画像
  • プライベート・ウォーの画像
  • プライベート・ウォーの画像
  • プライベート・ウォーの画像
  • プライベート・ウォーの画像
  • プライベート・ウォーの画像
  • プライベート・ウォーの画像
  • プライベート・ウォーの画像
  • プライベート・ウォーの画像
  • プライベート・ウォーの画像
  • プライベート・ウォーの画像
  • プライベート・ウォーの画像
  • プライベート・ウォーの画像
  • プライベート・ウォーの画像
画像を全て見る

プライベート・ウォーを評価しよう!

あなたの評価は?

プライベート・ウォーの映画情報

公開日: 2019年9月13日 / 上映時間: 110分 / 製作年: 2018年
配給・制作会社: ポニーキャニオン / 映倫区分: G (日本)
プライベート・ウォーのポスター
映画監督
マシュー・ハイネマン
制作国
イギリス アメリカ
ジャンル
ドラマ 戦争
日本興行収入
-
世界興行収入
0億 USドル
参考
公式サイト

プライベート・ウォーの受賞履歴

プライベート・ウォーのキャスト

もっと見る

プライベート・ウォーの評論家の解説レビュー

プライベート・ウォーの一般の解説レビューや口コミ

0.0点 / 0件
レビューを投稿する

オススメ情報

↓↓みんなが読んでいる人気記事↓↓

【2024年】動画配信サービスおすすめランキングに注意!人気を無料や利用者数、売上で比較!徹底版

→【すぐわかる】動画配信サービスおすすめランキング【忙しいあなたへ】人気を無料や利用者数、売上で比較!簡易版

映画のレビューを書くと、あなたの好みの映画が見つかります!

プライベート・ウォーに似ている作品