検索 映画ポップコーンについて
登録/ログイン

「鳥肌が立てば成功」 ようこそ映画音響の世界へ 松 かた子さんの映画レビュー

ようこそ映画音響の世界へ Making Waves: The Art of Cinematic Sound

鳥肌が立てば成功

2021年5月25日 15時49分 役立ち度:0人
総合評価: 5.0
音楽ではなく、音響。
「雨に唄えば」を観たことがある人は、レコーディングシーンを覚えているだろうか?

車がエンジンを掛ける音、走り出す音、スピードを上げる音、急ブレーキの音。
車だけでも、様々な音の種類があることに、気付かされる。

風の音。
嵐の前なのか、そよ風なのか、強風なのか。
レストランで主人公の後ろにいる人たちの食事の音、遠くでウェイターが注文を聞く声、ドアが開き新しい客が入ってくる音や声。
どの音も、音響。
挙げ始めるとキリがない。

一瞬、映画が無音になるシーンに、どれだけ「音」が映画の中で重要な役割を担っているのかを知った。

どこから解説し始めるか、映画の歴史と共に、音のグラフが出てくるので、全くの素人でも分かりやすい。
そして、出てくる作品が有名で、音響でも歴史を作ったのか、と感動すら覚える。

トーキーの時代から、現在まで、技術が発達していく毎に、音響効果にも大きく影響していくのを観るのは、至福。

バーバラ・ストライザンド、日本人(クロサワではない)が、まさか音響の歴史に関わってるとは思わなかった。

映画が好きな人には堪らない時間。
あっという間に終わった。
詳細評価
  • 物語
  • 配役
  • 映像
  • 演出
  • 音楽
イメージワード
  • ・楽しい
  • ・知的
このレビューは役に立ちましたか? 役に立った

オススメ情報

↓↓みんなが読んでいる人気記事↓↓

【2021年】動画配信サービスおすすめランキングに注意!人気を無料や利用者数、売上で比較!徹底版

→【すぐわかる】動画配信サービスおすすめランキング【忙しいあなたへ】人気を無料や利用者数、売上で比較!簡易版

映画のレビューを書くと、あなたの好みの映画が見つかります!

似ている作品