検索 映画ポップコーンについて
登録/ログイン

最後の決闘裁判 The Last Duel

歴史的なスキャンダルを映画化!衝撃の実話ミステリー。 リドリー・スコット監督がジョディ・カマー、マット・デイモン、アダム・ドライバー、ベン・アフレックという豪華キャストを迎え、実話を元に、歴史を変えた世紀のスキャンダル​を描くエピック・ミステリー。​《STORY》 中世フランス──騎士の妻マルグリットが、夫の旧友に乱暴されたと訴えるが、彼は無実を主張し、目撃者もいない。​真実の行方は、夫と被告による生死を賭けた“決闘裁判”に委ねられる。それは、神による絶対的な裁き── 勝者は正義と栄光を手に入れ、敗者はたとえ決闘で命拾いしても罪人として死罪になる。そして、もしも夫が負ければ、マルグリットまでもが偽証の罪で火あぶりの刑を受けるのだ。 果たして、裁かれるべきは誰なのか?あなたが、 この裁判の証人となる。
もっと見る
- /100 RottenTomatoのアイコンRottenTomato
3.9/5.0 映画.comのアイコン映画.com
- /5.0 Yahoo!映画のアイコンYahoo!映画
7.7/10.0 IMDbのアイコンIMDb
61/100 MetacriticのアイコンMetacritic

映画ポップコーンの評価

評論家点数: 5.0/5.0
一般点数: - /5.0

最後の決闘裁判の動画配信情報

Twitter Facebook LINE

最後の決闘裁判の評論家の解説レビュー

全てのレビューへ

最後の決闘裁判の豆知識・失敗談

豆知識・失敗談を投稿する
  • 豆知識のアイコン豆知識・トリビア
    当初、このプロジェクトの脚本家であるマット・デイモンとベン・アフレックが、この映画の二人の主役を演じる予定でした。しかし、アダム・ドライバーが、脇役に回ったアフレックの代わりに主役を演じることになりました。この変更の理由は、アフレックが出演を予定しているエイドリアン・ライン監督の『Deep Water』(2022年公開)の制作とのスケジュールの重複を避けるためです。
  • 豆知識のアイコン豆知識・トリビア
    2020年3月13日、新型コロナウィルスのパンデミックにより、本作の制作が中止されました。その前に、フランスでの撮影は終了し、制作はアイルランドに移っていました。リドリー・スコット監督はすでに4週間の撮影を行い、この間に1時間の映画を完成させていました。
  • 豆知識のアイコン豆知識・トリビア
    マット・デイモンとベン・アフレックが『グッド・ウィル・ハンティング』(1997年)以来、共同で脚本を担当した映画です。また、マット・デイモンが脚本を担当し、ガス・ヴァン・サントが監督していない初めての映画でもあります。
豆知識・失敗談を全て見る

最後の決闘裁判の動画

映画『最後の決闘裁判』予告編 10月15日(金)公開
1 / 3 引用:youtube.com
  • 映画『最後の決闘裁判』予告編 10月15日(金)公開
  • 映画『最後の決闘裁判』予告編
  • 【最新映画】【予告編】最後の決闘裁判 / スターダスト / カナルタ 螺旋状の夢 / クレイジー・ワールド【2021年】
動画を全て見る

最後の決闘裁判の画像

最後の決闘裁判の画像
1 / 4 引用:IMDb.com
  • 最後の決闘裁判の画像
  • 最後の決闘裁判の画像
  • 最後の決闘裁判の画像
  • 最後の決闘裁判の画像
画像を全て見る

最後の決闘裁判を評価しよう!

あなたの評価は?

最後の決闘裁判の映画情報

公開日: 2021年10月15日 / 上映時間: 153分 / 製作年: 2021年
配給・制作会社: ディズニー / 映倫区分: PG12 (日本)
最後の決闘裁判のポスター
映画監督
リドリー・スコット
制作国
イギリス アメリカ
ジャンル
ドラマ
日本興行収入
-
世界興行収入
0.1億 USドル
参考
公式サイト

最後の決闘裁判のキャスト

もっと見る

最後の決闘裁判の評論家の解説レビュー

評論家レビューを全て見る

最後の決闘裁判の一般の解説レビューや口コミ

0.0点 / 0件
レビューを投稿する

オススメ情報

↓↓みんなが読んでいる人気記事↓↓

【2021年】動画配信サービスおすすめランキングに注意!人気を無料や利用者数、売上で比較!徹底版

→【すぐわかる】動画配信サービスおすすめランキング【忙しいあなたへ】人気を無料や利用者数、売上で比較!簡易版

映画のレビューを書くと、あなたの好みの映画が見つかります!

最後の決闘裁判に似ている作品