引用:IMDb.com

クルエラの映画ポップコーン編集部の解説レビュー

2021年05月27日更新
ヴィラン誕生の話であり、予告編ではJOKERを思わせるダークな雰囲気・・モヤモヤ、おどろおどろした感じかと思っていましたが、スカッとする爽快な作品でした。 ファッションデザイナーを目指すエステラと、カリスマデザイナーであるバロネスとの出会い、その展開は『プラダを着た悪魔』のようなファッションデザイナーの世界を描いてるので、ヴィランやディズニーを抜きにしてもファッション関連の仕事の話として楽しめます。

『クルエラ』(Cruella)を解説します

映画「クルエラ」のポスター

エマ・ストーンのハマりっぷりがすごい!JOKER』×『プラダを着た悪魔を思わせるストーリー。

ディズニーの名作アニメ「101匹わんちゃん」に登場するヴィラン(悪役)“クルエラ”の誕生秘話を『ラ・ラ・ランド』のエマ・ストーン主演で実写映画化したエンタテインメント大作。ファッションデザイナーを目指していた彼女が、なぜヴィランに堕ちてしまったのか・・。

監督は『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』のクレイグ・ギレスピー監督。日本では2021年5月27日公開、5月28日からDisney+でも視聴が可能です。(ディズニープラスでは追加料金が必要なプレミアムアクセスです。)

エマ・ストーンのクルエラ役、ハマりっぷりが話題に

ラ・ラ・ランド』でのかわいい女優役のイメージが強いエマ・ストーン。悪役のヴィランであるクルエラのイメージとは大分遠いが、大丈夫か・・?という心配の声もありましたが、公開後twitterはエマ・ストーンのクルエラ役への称賛の声で一杯になりました。

『クルエラ』見た人の感想・評価まとめ

twitterで、『クルエラ』を視聴した人の感想や評価を徹底調査してみました!

『クルエラ』良い評価・感想

・クルエラ鑑賞🐶
サイコ女×サイコ女の戦争映画←
アニメ版のクルエラとは少し違うけど(アニメ版は邪悪な女って感じだけどこちらはカッコいい悪って感じ)
これはこれで良き👍
ファッションを題材にしてる映画なだけあって劇中で流れる音楽が最高に洒落てる。
(JOKERでお馴染みのあの曲も流れます)

 

・『#クルエラ 』
キャラ、演技、音楽、衣装、脚色&流れ、セット、犬達、全部最高
普段"こういう映画が好み"って言ってるような話を大好きなディズニーがやってくれた…死ぬほど嬉しい
エマ・ストーンは流石似合いすぎだし、エマ・トンプソンは登場からかっこよすぎて泣けた。ポールも面白くて良い!

 

・クルエラ、めっちゃ良かった😭
良い意味で予想外でこんなに良いと思わなかった✨
ヴィランシリーズ素晴らしい、、

 

・「クルエラ」観ました
「101匹わんちゃん」のヴィラン、クルエラの若い頃ってまあこんな感じだよねっていう、原作アニメの印象を壊さず良解釈の作品!何よりクルエラ演じたエマ・ストーンが大正解すぎる!あと作中の衣装が全部最高すぎてもう実質ファッションショーです。画面の近くでずっと観てたい。

 

・シネマカリテで『クルエラ』鑑賞!なるほど、クルエラをこう定義しますか!彼女は拳ではなくファッションで相手をぶん殴る人なので衣装どれも素晴らしくて眼福。あと音楽!70年代英国ロックを軸にあれもこれもかかりまくりでずっと耳が喜んでいる。という訳で観られる人は音が良い映画館をお勧めします

公開初日に映画館に足を運んだ方々なので、熱量も高い感想がたくさん!twitterでクルエラの感想を検索すると、8割〜9割以上が「面白かった」「良かった」という意見のように見えました。

『クルエラ』悪い評価・感想

一方悪い意見を探すと・・

・ヴィランに壮絶な過去とか実はちゃんとした信念や理想を持った人間みたいなのまじでいらんクルエラはマジでこれでしかないので変な裏付けやめてほしいどうせポリコレ映画になる

 

・『クルエラ』
ストーリーテリング云々より音楽の選曲、使い方に全くセンスを感じられず萎えた。
60年代後半〜70年代前半のブリティッシュ・ロック&パンクが畳み掛けるように流れるけれど、既存の音楽に依存しすぎだし、『地下鉄道』のニコラス・ブリテルのスコアとの相性も悪い。
もったいないなー。

 

・予告でしか見てないけどクルエラの柴咲コウ合ってないし演技も微妙で浮いてる…
クルエラなら沢城みゆきあたりが合ってそう
もう芸能人声優やめた方がええよ

一方、悪い意見を探すと少ないですが

・『101匹わんちゃん』の悪人であるヴィラン、クルエラに良い印象を裏付けるのはやめて欲しい

・音楽の選曲、使い方がナンセンスで萎える

・クルエラの吹替版、クルエラの柴咲コウ合ってない

という意見がありました!

『クルエラ』映画ポップコーンによる徹底解説

クルエラのストーリー、あらすじ(ネタバレなし)

70年代のロンドンを舞台に、ファッション・デザイナーを夢見て都会にやって来た少女が、いかにして冷酷非道な悪女“クルエラ”へと変貌していったかをパンクかつスタイリッシュに描き出す。

親を亡くした少女エステラは、ファッション・デザイナーを目指してパンクムーブメント吹き荒れるロンドンへとやって来る。そしてロンドンで最も有名な百貨店リバティに潜り込んだ彼女は、やがて伝説的なカリスマ・デザイナーのバロネスに出会うと、その斬新な発想力と度胸の良さを買われ、彼女の下で働き始めるのだったが…。

クルエラとは

映画「101匹わんちゃん大行進」の画像引用:IMDB.com

101匹わんちゃん』の悪役であるクルエラについて少しだけ、おさらいを。
クルエラは犬の毛皮が大好きで、『101匹わんちゃん』ではダルメシアンの子犬たちを誘拐。子犬たちを毛皮にしてしまおうと企てる悪役でした。1997年に公開された映画『101』でも、彼女はダルメシアンの子犬たちの毛皮でコートを作ろうと計画します。『101』では、グレン・クローズが、毛皮のためならどんな悪事も犯す狂気の悪役、クルエラを演じました。

映画「クルエラ」の画像引用:IMDB.com

本作『クルエラ』では、彼女の若い頃が描かれています。ファッションデザイナーを目指す地味な赤毛の女の子”エステラ”が、後に子犬の誘拐、毛皮化を企む”クルエラ”へと変貌していく経過を知る事ができます。

カリスマ的ファッションデザイナー、バロネスとの出会い

映画「クルエラ」の画像引用:IMDB.com

バロネスはエマ・トンプソンが演じます。エマ・ストーンとエマ・トンプソンの共演、Wエマの共演もとにかく良かったと大変好評です。

エマ・トンプソン演じるバロネスは、これまた完璧なクルエラとも言えるような存在。圧倒的ヴィラン感。クルエラもかなりの存在感でしたが、こちらも負けていませんでした。

このバロネスとエステラ(クルエラ)の関係は、プラダを着た悪魔』とそっくり。自信に満ち溢れすぎているバロネスはまさに『プラダを着た悪魔』のミランダです。そして、エステラはアン・ハサウェイ演じるアンドレアのよう。それもそのはず、『クルエラ』と『プラダを着た悪魔』は脚本家が同じ、アライン・ブロッシュ・マッケンナという方でした。

映画「クルエラ」のポスター

エステラからクルエラになったキッカケ

映画「クルエラ」の画像引用:IMDB.com

ファッションデザイナーを目指し、下積みをしていたエステラが、カリスマデザイナーのバロネスと出会い、バロネスがエステラのボスとなった事で大きく運命が動き出します。
エステラからクルエラとなった名前の由来は、作中でロファー・ラドクリフ(101匹わんちゃんに登場する飼い主)が、エステラの冷酷さから、クルエラ・デ・ビル(Cruellaは残酷・残忍という意味+悪魔を意味するデビルとド・ウィル)と呼んだ事にあります。

バロネスとクルエラの知られざる因縁。そこは映画を見てお楽しみ下さい。

観ておくと更に『クルエラ』を楽しめる!映画

『クルエラ』は前知識がなくても、クルエラ自体すらあまり知らない状態でも楽しむ事が出来る内容だと思います。ですが、更に楽しむとしたら、事前、もしくはクルエラ鑑賞後に見る事をオススメする映画を紹介します。

101匹わんちゃん大行進

映画「クルエラ」のポスター

1962年に公開されたアニメです。言わずもがな、クルエラが登場する代表作です。

101

映画「クルエラ」のポスター

実写版101。グレン・クローズが演じる凶悪なクルエラが見ものです。

アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル

映画「クルエラ」のポスター

今作『クルエラ』のクレイグ・ギレスピー監督が手掛けた、フィギュアスケート選手の転落を描いた作品。第90回アカデミー賞で助演女優賞を獲得しています。海外映画評価サイトのRottenTomatoで89点と高評価であり、個人的にもとても面白かった映画です。

ラ・ラ・ランド

映画「クルエラ」のポスター

エマ・ストーンの代表作で、とにかくエマ・ストーンがかわいい!ミュージカル映画のようなシーンが多くノリノリで鑑賞できつつ、しんみりする場面も。名作です。

プラダを着た悪魔

映画「クルエラ」のポスター

本作と同じ脚本家が手掛けた『プラダを着た悪魔』を彷彿とさせる『クルエラ』の展開。夢に向かって厳しいボスに揉まれながら成長していく女性の姿は観ているだけで勇気をもらえます

映画を動画配信サービスで見る場合

AmazonプライムやNetflix、U-NEXT等たくさんある動画配信サービスで、

・どれを選べば良いかわからない
・今使っている動画配信サービスで本当にいいのかなぁ?

と思っている方は是非1度確認してみる事をおすすめします!

→すぐわかる動画配信サービスおすすめ

『クルエラ』を見た感想まとめ

ヴィラン誕生の話であり、予告編ではJOKERを思わせるダークな雰囲気・・モヤモヤ、おどろおどろした感じかと思っていましたが、スカッとする爽快な作品でした。

ファッションデザイナーを目指すエステラと、カリスマデザイナーであるバロネスとの出会い、その展開は『プラダを着た悪魔』のようなファッションデザイナーの世界を描いてるので、ヴィランやディズニーを抜きにしてもファッション関連の仕事の話として楽しめます。そこからの、ヴィランが誕生する展開。テンポ良く飽きさせません。

オススメ情報

↓↓みんなが読んでいる人気記事↓↓

【2021年】動画配信サービスおすすめランキングに注意!人気を無料や利用者数、売上で比較!徹底版

→【すぐわかる】動画配信サービスおすすめランキング【忙しいあなたへ】人気を無料や利用者数、売上で比較!簡易版

映画のレビューを書くと、あなたの好みの映画が見つかります!

解説レビューの評論家について

解説レビューの作品情報

似ている作品

映画ポップコーン編集部の他の解説レビュー

映画ポップコーン編集部の映画解説をもっと見る