検索 映画ポップコーンについて
登録/ログイン
引用:IMDb.com

Our Friend アワー・フレンドの町山智浩さんの解説レビュー

2021年10月16日更新
これがね、一体何を言ってるかって言うと、この人仕事は出来ないんですけど、デインさんは。人としては最高で友達としては最高なんですよ優しくて。でも人間にとって大事なのは一体なんなのかって事ですね。仕事ができればいいのか。金を稼げればいいのか。そうじゃないんじゃないかっていう事を問いかけてくる映画が、この『Our Friend/アワー・フレンド』なんですよ。(TBSラジオ「たまむすび」より)

映画評論家の町山智浩さんがTBSラジオ『たまむすび』(https://www.tbsradio.jp/tama954/)で、『Our Friend/アワー・フレンド』のネタバレなし解説を紹介されていましたので書き起こしします。
映画視聴前の前情報として、また、映画を見た後の解説や考察レビューとして是非ご参考ください。

町山さん『Our Friend/アワー・フレンド』解説レビューの概要

①実話が元になっている『Our Friend/アワー・フレンド』
②奥さんが末期の乳ガンに。
③ボロボロになった夫婦を助ける共通の友人デイン
④デインは徹底的にこの家族に尽くしてくれる
⑤デインは○○○○○
⑥人間にとって大事なのはなんなのか、という事を問いかけてくる映画

※○○の中に入る文章は、この記事の1番最後で公開しています。
TBSラジオたまむすびでラジオ音源を聞いて頂くか、書き起こし全文をご覧頂くか、この記事の1番最後を見て頂く事で判明します。

実話が元になっている『Our Friend/アワー・フレンド』

(町山智浩)
Our Friend/アワー・フレンド』って言うね、”僕らの友達””アワーフレンド”って言うタイトルの映画で、これは実話なんですね。これねアメリカの映画で、アメリカ南部で新聞記者がいまして、これケイシー・アフレックっていう俳優さんが演じてるんですが、その人が書いた記事が注目されて、アメリカのメインのね、田舎で書いてたライターが、メインのジャーナリストとなって海外に取材に行ったりしてどんどん売れっ子になってくんですよ。

ところが彼が売れっ子になっているうちに、その家にいた奥さんが乳ガンになってしまって、これダコタ・ジョンソンさんという女優が演じてますけれども、もう既に見つかった時には末期ガンで、あと2年の命って宣告されるんですよ。

(赤江珠緒)
うん。

引用:IMDb.com

奥さんが末期の乳ガンに。

(町山智浩)
で、またこの旦那の方はずーっとまぁ外を駆けずり回って取材してた人でですね、それで奥さんの事をちゃんと見てなかったんですね。で、奥さんの方も自分がもうすぐ死んじゃうっていう事を知って、2人とも精神的に崩壊してくんですよ。

(赤江珠緒)
うん。

ボロボロになった夫婦を助ける共通の友人

(町山智浩)
で、もうイライラしたり、泣いたりね、してボロボロになってくんですけれども、しかも子供がいるんですね、2人。まだちっちゃい子が。はい。で、この2人を助けてくれるのが、この夫婦の共通の友人で、デインという男なんですね。それはジェイソン・シーゲルというまぁコメディアン系の人が演じてるんですけども。で、このデインが仕事がない人なんで、家に食事付きの住み込みをしてもらって、この家事とか子供の面倒とか見てもらって、まぁ末期ガンの奥さんの面倒も見て、そうやってやってくれるという話で、その『Our Friend/アワー・フレンド』、”僕らの友達”っていうタイトルはこのデインの事を意味してるんですよ。

(赤江珠緒)
うん。

(町山智浩)
でね、このデインというのが、ものすごくいい人なんですよ。とにかく徹底的にこの家族に尽くすんですよ。

(山里亮太)
ほぉ〜。

引用:IMDb.com

友人は徹底的にこの家族に尽くしてくれる

(町山智浩)
子供にも優しいし奥さんも慰めるしね。で、もう旦那がとにかくパニック起こして、あんまりちゃんとできないし、夫婦2人とも互いに怒ったりね、イライラしてね。する中で、常にこのデインという男はまぁ、ジョークを言って、みんなを笑わせて、ふざけながらみんなの心を救っていくという、これ本当にあった話なんですね。

(赤江珠緒)
へぇ〜!

(山里亮太)
いいなぁ。

デインは仕事が出来ない無職

(町山智浩)
で、これね、このデインという人はね、なんにも仕事がもダメなんですよ。無職で。いい歳でもう40過ぎてるんですけども、彼女もできなくて。まぁ稼ぎがないっていうのもあってね。でもう、何やってもうまくいかないんですよ。で、このジャーナリストの主人公はですね、ジャーナリストの方は、彼の事をちょっとバカにしたりするんですよ。

(赤江珠緒)
友達だけど。

(町山智浩)
そう。友達だけど。何やってもうまくいかないなぁ、もうちょっと頑張ったらどう?みたいな。なんで出来ないのかね、みたいな事を言っちゃったりするんですけども。まぁひどいんですけどね。でもね、ひたすらこのデインっていう人はいい人で、これね、ジェイソン・シーゲルっていう俳優はね、同じような役を他の映画でもやってる人でね。『40男のバージンロード』っていう映画では、仕事はできるんだけれども友達が誰もいない不動産屋の主人公の、友達になってくれる人を演じてて。

映画「」のポスター

(赤江珠緒)
へぇ!

(町山智浩)
そう。そっちでもね、全然私生活が全くダメなんだけど、友達としては最高っていう役を演じてるんですよ。

同じなんですけど、殆ど役が。で、これがね、一体何を言ってるかって言うと、この人仕事は出来ないんですけど、デインさんは。人としては最高で友達としては最高なんですよ優しくて。でも人間にとって大事なのは一体なんなのかって事ですね。

(赤江珠緒)
はぁ〜。

引用:IMDb.com

人間にとって大事なのは一体なんなのか

(町山智浩)
仕事ができればいいのか。金を稼げればいいのか。そうじゃないんじゃないかっていう事を問いかけてくる映画が、この『Our Friend/アワー・フレンド』なんですよ。

(赤江珠緒)
はぁ〜〜これも見たいな。

(山里亮太)
うん。

(町山智浩)
これもね、非常に素晴らしい映画でした。という事で、もう時間なんで、もうこれ全部どれもオススメなんですけど。(笑)10月15日一斉公開です。はい。

※書き起こし終わり

○○に入る言葉のこたえ

⑤デインは仕事が出来ない無職

オススメ情報

↓↓みんなが読んでいる人気記事↓↓

【2021年】動画配信サービスおすすめランキングに注意!人気を無料や利用者数、売上で比較!徹底版

→【すぐわかる】動画配信サービスおすすめランキング【忙しいあなたへ】人気を無料や利用者数、売上で比較!簡易版

映画のレビューを書くと、あなたの好みの映画が見つかります!

解説レビューの評論家について

解説レビューの作品情報

似ている作品

町山智浩さんの他の解説レビュー

町山智浩さんの映画解説をもっと見る