検索 映画ポップコーンについて
登録/ログイン

「アメリカの闇を描かせたら天下一品テイラー・シェリダンの脚本作品。」 最後の追跡 松 かた子さんの映画レビュー

最後の追跡 Hell or High Water

アメリカの闇を描かせたら天下一品テイラー・シェリダンの脚本作品。

2021年8月29日 11時43分 役立ち度:0人
総合評価: 5.0
テイラー・シェリダンと聞いてピンと来た人。観てなかったら大損してます。
ボーダーライン・シリーズの脚本家であり、ウインド・リバーでは監督も務め、演技力の確かな俳優。
天は二物を与えず、という言葉を良い意味で裏切るテイラー・シェリダン脚本の映画。

ボーダーライン、ウインド・リバーと並ぶ、日本人の私たちが知らないアメリカの闇を見事に描き切っている。

ドラマ、アクション、サスペンスと、様々なジャンルが渋滞せずに、上手く絡み合っている。
文字にしてストーリーをサクッと書くと、サスペンスやミステリーと思われるのが悔しい。

テイラー・シェリダンの映画といえば、瞬き出来ない激しくも、緊張感のある銃撃戦。
映画の中でストーリーの流れを一気に変えるドラマチックかつ、登場人物たちの気持ちが爆発する。
この映画も勿論たっぷり見せてくれる。

兄弟の思い、引退しても兄弟が気になるベテラン保安官、保安官のパートナー。

軽い気持ちで手を出すと、テイラー・シェリダン作品はラストでズシンと重い気持ちにさせられる。
そこで終わらず、ドキュメンタリーのように考えさせられる。

漢の映画です。
詳細評価
  • 物語
  • 配役
  • 映像
  • 演出
  • 音楽
イメージワード
このレビューは役に立ちましたか? 役に立った

オススメ情報

↓↓みんなが読んでいる人気記事↓↓

【2022年】動画配信サービスおすすめランキングに注意!人気を無料や利用者数、売上で比較!徹底版

→【すぐわかる】動画配信サービスおすすめランキング【忙しいあなたへ】人気を無料や利用者数、売上で比較!簡易版

映画のレビューを書くと、あなたの好みの映画が見つかります!

似ている作品